【2021年7月2日更新!】SIGMA(シグマ)28-70mm F2.8 DG DN【注目の機材】

SIGMA(シグマ)28-70mm F2.8 DG DN

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!

今回は、SIGMA(シグマ)の標準ズームレンズ「28-70mm F2.8 DG DN」を紹介します。

500g未満で撮る、新たな映像美。

2021年3月にSIGMAから発売された『28-70mm F2.8 DG DN』。28-70mmの画角で開放F値2.8通しを実現する、標準ズームレンズです。

本レンズの魅力は、圧倒的な軽さにあります。重量は、わずか470g。ちなみに、代表的な明るい標準ズームレンズ24-70mmF2.8(通称:大三元レンズ)の平均重量は約800~1000gです。24-70mmの画角とF2.8の明るさをカバーしながら、一般的なF2.8通しレンズの常識を覆す小型・軽量化に成功しました。重さによる負担が軽減できるため、ジンバルに装着して行なう動画撮影や、手持ち撮影もより安定して行なえます。サイズが小さく小回りが利くので、走っている人を撮影するシーンや、狭い場所での撮影で重宝すること間違いなし。軽量・コンパクトなボディが叶えるフットワークの軽さで、従来の24-70mmF2.8では難しかった、タフな撮影シーンにも全力で挑めます。

コンパクト・軽量だからといって、描写力が劣るということはありません。レンズ構成は、12群16枚。広角側を28mmにしたことにより、小型・軽量化と、高い光学性能を誇るSIGMA・Artラインレンズに匹敵する描写の両立を実現しました。絞り開放の時点からピント面はハッキリと、それでいてボケはなめらかで描写力にも優れています。また、最短撮影距離は広角端で0.19ⅿと、近接撮影が可能なため、作品作りの幅が広がるでしょう。

今まで撮影が大変だったシーンでも活用でき、さらに高い描写力も兼ね備えた『28-70mm F2.8 DG DN』を試してみてはいかがでしょうか。

28-70mm F2.8 DG DNのスペック

28-70mm F2.8 DG DN
対応マウント SONYαEマウント・Leica Lマウント
レンズ構成 12群16枚
絞り羽根 9枚
最短撮影距離 0.19ⅿ (広角端)-0.38ⅿ (望遠端)
サイズ φ72.2mm×101.5mm
重さ 470g
フィルター径 φ67mm
その他機能 簡易防塵防滴仕様

28-70mm F2.8 DG DNの作例やレビュー