【2021年最新】ミラーレス一眼のおすすめ5選。価格の安いお得なミラーレスを紹介します【新品・中古】

価格の安いお得なミラーレス一眼を紹介します【新品・中古】

手軽にきれいな写真が撮れることで人気のミラーレス一眼。

プロ向けから気軽なモデルまでいろいろなモデルが販売されていますが、まずは安く手に入るミラーレス一眼で気軽に楽しみたいという方は多いのではないでしょうか?

ここでは、ミラーレス一眼を安い値段で手に入れるための方法をご紹介します。

目次

ミラーレス一眼と他のカメラは何が違う?

ミラーレス一眼

ミラーレス一眼は小型軽量で高機能・高画質が叶います

記事を読んでいる人のなかには今までミラーレス一眼を使ったことがない人もいるはずです。そういった人はミラーレスが他のカメラとどう違うのか不明なこともあるでしょう。ミラーレス一眼と他のカメラの違いを見ていきましょう。

ミラーレス一眼とは?

ミラーレス一眼とはデジタルカメラの一種で、レンズ交換が可能・高画質が特徴となるカメラです。レンズから入った光を反射するためのミラーがない構造をしていることから「ミラーレス」という名がついています。

ミラーレス一眼とデジタル一眼の違い

ミラーレス一眼とデジタル一眼の最大の違いはその本体の大きさと重量です。デジタル一眼はミラーレス一眼にはない、レンズから入った光を反射するためのミラーがある構造をしています。ミラーレス一眼は構造からミラーをなくしたことによって、デジタル一眼と同等の機能を保ちつつ小型軽量を実現したカメラと言えます。

どちらもプロシーンで使われるほど高性能で高画質なカメラですが、ミラーレス一眼のほうがデジタル一眼より小さく持ち運びがラクです。そのため、女性でも扱いやすいのが特徴ですね。

ミラーレス一眼とコンパクトデジカメ・スマホカメラの違い

また、持ち運びやすいカメラいえばコンパクトデジタルカメラやスマホの内蔵カメラがあります。どちらも気軽に持ち運ぶことができ操作も簡単で誰でも使いやすい身近なカメラですが、ミラーレス一眼はその2つよりも圧倒的に性能が高いカメラと言えます。

高画質なだけでなく背景をボカした撮影などよりレベルの高い写真撮影が可能で、設定を駆使して自分のイメージする写真を実現することができます。

ミラーレス一眼の魅力とは?

他のカメラの違いから考えられる、ミラーレス一眼の長所をまとめると

  • デジタル一眼より小さくて軽い
  • 小型でもコンパクトデジタルカメラより高画質
  • スマホのカメラではできない繊細な描写が可能

以上です。

またミラーレス一眼は近年女性にも人気があり、女性をターゲットとした初心者向けのエントリーモデルも増えています。サポート機能も豊富なので初心者でも扱いやすいです。普段、安価なカメラで写真を楽しんでいたけれど、ワンランク上を目指したいときに手を出しやすいのがミラーレス一眼といえます。

ミラーレス一眼を安い値段で買う3つの方法

新品のミラーレス一眼レフの相場は、2万円台のものから100万円を超えるものまでさまざま。では、安く購入するにはどうしたらよいのでしょうか?

新品を買うなら定番の「レンズキット」がお得

ミラーレス一眼は本体だけでも販売されていますが、使いやすいズームレンズがセットになった「レンズキット」も用意されています。本体とレンズを別々に買うより安く、わずか5千円ほどの追加でレンズが付いてくることもあります。

レンズキット

買ってすぐ撮れて、しかもお得なレンズキットはかなりおすすめ

レンズキットについてくるレンズは、ひと昔前までは安かろう悪かろうのイメージがありましたが、現在はそうではありません。中には、写りのよい単焦点レンズ(ズームのないレンズ)をセットにしたユニークなキットもあります。

レンズキットならレンズを別に買う手間も省けます。お得なレンズキットはかなりおすすめですよ。

新機種がでて「型落ち」になった製品も狙い目

ミラーレス一眼レフカメラは、今、すべてのカメラの中でもっとも人気のジャンルです。そのため、新型製品の発売サイクルが短くなっており、まだ新しい製品にも関わらず「型落ち」となるケースもあります。

つい先日まで現行商品として販売されていたカメラが在庫処分の割引価格で買えるのですから、そのチャンスを逃す手はありません。また、新型が出ても販売終了とならず、価格を下げて併売されるケースがあり、こちらも狙い目です。

型落ちも狙い目

型落ちでも十分な性能を備えていることがほとんどです

デジタルカメラは技術的にも安定してきており、新型が出たからといって旧型が大幅に見劣りするといったことは稀です。購入のタイミングで型落ちが販売されていたら、ぜひ検討してください。

抵抗がなければ中古のミラーレスも候補に

最初のミラーレス一眼は2011年に発売されました。デジタル一眼レフカメラに比べるとまだ歴史が浅いのですが、ミラーレス一眼自体が人気のジャンルということもあって、中古商品は数多く出回っており、しかも新しいものが多いです。

安く手に入れたいなら中古も視野に

中古でもOKなら、予算内で高機能モデルが手に入ることもあります

ミラーレス一眼は手軽さをウリとした普及価格帯の商品も多いため、それに伴って中古価格も手頃なものが多いのが特徴。新品で売られている製品と比べても十分な性能を持ったモデルが、あっと驚く価格で手に入ることもしばしばあります。

もし中古商品に抵抗がないのであれば、中古カメラ店のネット通販などでチェックすることをおすすめします。

使いやすいミラーレス一眼のポイント

では、値段の安いミラーレス一眼を選ぶとき、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

一眼レフの選び方

初心者の方は一眼レフを選ぶ際、ポイントを絞りましょう

ミラーレスを安く購入する方法について解説しました。しかし、安いだけでは性能に満足できないこともあります。ここでは初心者向けに使いやすいミラーレスの選び方を解説していきます。

①初心者はカメラが手に馴染むか確認

初心者がミラーレス一眼を選ぶときには手に馴染むかどうかも大事。ミラーレス一眼は女性でも扱いやすいサイズ感の機種が多いカメラです。逆にいえば男性だと手にフィットせず使いづらいという可能性もあります。

可能であれば、実店舗などで実際にカメラが手に馴染むかチェックしたほうがいいでしょう。欲しい機種がその場になくとも、自分がイメージしているカメラと似たようなサイズであれば手に馴染むかどうか確認できます。

買った後に使いづらいとならないように意識してチェックしてみてください。

②オート撮影機能をチェック

初心者はオート撮影機能の性能を確認しましょう。オート撮影機能とはピントを自動で調節したり、状況に応じて色のバランスを設定してくれたりなどの機能です。簡単にいえば、カメラがどこまで自動でキレイな写真を撮ってくれるかの性能ですね。

オート撮影機能が充実していれば、ただシャッターを押すだけでクオリティの高い写真を撮影できます。これは初心者がモチベーションを上げるために大事なことです。撮影自体が楽しくなれば、カメラの知識も自然と身についてきます。

最初はなるべくオート撮影機能が充実した機種を使いましょう。

③ワイヤレス通信機能があると便利

SNSに写真を投稿したいと考えている人はワイヤレス通信機能がある機種を選びましょう。ワイヤレス通信機能があれば、メモリーカードなどでデータを移すことなく、スマホやタブレットに写真を転送できます。その場ですぐに撮影した写真を投稿できるので、大変便利な機能です。

たとえば、お祭りやイベントなどの写真は後で公開するよりも、リアルタイムで投稿したほうがライブ感が出ますよね。投稿した写真がより注目される理由になります。

ワイヤレス通信機能はあって損はないので、似たような性能であればワイヤレス通信機能を搭載した機種を選んでください。

④センサーサイズは自分の撮影スタイルに合うものを

一眼カメラ初心者にとってはあまり聞きなれない「センサーサイズ」。これはカメラの中に内蔵されているイメージセンサーの大きさを表しています。センサーサイズが大きいほど画質はよいため大きなものを選びたくなりますが、大きいほど価格も高くなるため自分の撮影スタイルやレベルを鑑みて選ぶ必要があります。

ミラーレス一眼カメラの「センサーサイズ」には3種類あり、一番大きな「フルサイズ」、中間の「APS-C」、最も小さな「マイクロフォーサーズ」に分かれます。初心者におすすめなのが、コンパクトデジカメにも内蔵されているマイクロフォーサーズです。レンズが軽量でコンパクトなので持ち運びにも苦労しません。APS-Cはフルサイズより低価格かつマイクロフォーサーズよりセンサーサイズが大きいのでトライしやすいサイズです。

広い範囲の撮影が多い場合や、画質・ボケ味・鮮やかな色彩を求める熟練者にはもちろんフルサイズがおすすめです。

⑤手ブレ補正機能は「5軸」がおすすめ

ミラーレス一眼レフカメラの多くに手ブレ補正機能が搭載されています。ボディ内に搭載されているものもあればレンズに搭載されているものもあり、二つを組み合わせてより補正機能を強化する使い方もあります。ボディ内に搭載されているモデルならレンズを変えても機能が保たれるので使いやすいと言えるかもしれません。

手ブレ補正機能には前後や左右などの補正機能がありますが、おすすめは現在のボディ内補正機能の最上位である「5軸」の補正機能です。前後・左右・水平・垂直・回転の5つのブレを補正してくれるため、手ブレの起きやすい撮影シーンでもブレの影響が少なくプロフェッショナルなレベルの高い写真に仕上がります。

⑥モニターは可動式がおすすめ

ミラーレス一眼レフカメラの場合、基本的にモニターを見ながら撮影を行います。そのためモニターは可動式がおすすめです。自撮りシーンはもちろん、低いアングルや角度のあるアングルで撮影する際、可動式モニターならモニターを好きな角度に動かしてしっかり確認することができます。

可動式モニターには2種類あり、上下に動かすことができる「チルト式」と上下左右に動かすことが出来る「バリアングル式」とがあります。バリアングル式の方が可動域が広いので、様々なアングルで撮影を楽しみたい方におすすめです。

また指でモニターをタッチして操作できるタッチパネルタイプであれば、よりスマホに近い感覚で操作できるでしょう。

1 2