【2020年最新】YouTube の動画撮影におすすめカメラ10選

Vlogなども含め、思い出や表現のために動画を撮影しシェアする。そんな動画ベースの自己表現が当たり前の時代、YouTubeに自分の制作した動画をアップしてみたい、そんな時にどんなカメラを選べばよいのでしょうか?自分に合ったカメラ選びはとても大切。たくさんありすぎて分かりにくい各カメラの特徴をご紹介します。

YouTubeの撮影に使うカメラを選ぶ際のポイント

YouTubeの撮影に使用するカメラを選ぶ際は、自分の撮影したい対象とカメラの機能がマッチしているかどうかが重要です。例えば、シャッターチャンスがきたらさっと手持ち(三脚なし)で撮影することが想定される場合、手ブレ補正が優秀なカメラを選ぶ。YouTubeでキャッチーな動画を制作し、視聴数を伸ばしたいのであれば、個性がある動画が撮れる機材のチョイスもよいのではないでしょうか。ドローンや360度カメラを使用すれば、普段、見慣れている風景が一変するでしょう。スローモーション撮影ができるカメラなら、ただのくしゃみが面白い動画になり得ます。

YouTubeの撮影に使用するカメラの種類

今回はYouTubeの撮影に使用するカメラを、『ミラーレス一眼カメラ』『コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)』『アクションカメラ』『ドローン』の、4つに分けて、それぞれの特徴を説明していきます。

多彩な機能と軽量性のミラーレス一眼カメラ

まず紹介するのは、ミラーレス一眼カメラです。動画撮影と聞くと、画質に定評のあるデジタル一眼レフを思い浮かべる方が多いと思いますが、近年のミラーレス一眼カメラの進化は著しく、YouTube用の動画撮影であれば何も問題ありません。軽くて小型でとにかく楽、レンズで画角が変えられるなどメリットは盛り沢山です。デメリットは、バッテリーも小さく、電子ファインダーなど、電力消費する機能があるため撮影可能時間が短くなりがちな点。とはいえ、ずっと電源オンで撮り続けるようなことをせずに撮影ごとにこまめに電源を切ればそうそう困ることはないでしょう。

カメラ初心者におすすめ、コンデジで撮影に挑戦

続いて紹介するのは、コンパクトデジタルカメラ、通称「コンデジ」です。コンデジはカメラ本体とレンズが一体になっているのでレンズ交換ができません。これだけ聞くとデメリットに感じるかもしれませんが、どのシーンにどのレンズが向いているかなどの専門知識が必要ないので、手軽に撮影できるというメリットがあります。また、撮影前にどのレンズを使うか考えることがないため、迷わず撮影に入ることができるのもよい点。サブ機として使用するカメラマン・フォトグラファーが多いようですが、モデルによってはあなどれないスペックのものもあり、メイン機とサブ機、どちらもおすすめです。

アクションカメラで臨場感のある体験レポートなどを

次に紹介するのはアクションカメラ。アウトドア・スポーツ・レジャーなど、本来カメラが苦手な雨や泥はねなどの点を防塵防水仕様でクリアし、これまで撮影できなかった場所や画角で映像を撮影するための、小型カメラの総称をアクションカメラといいます(全てのカメラが防水というわけではありません)。例えば、ヘルメットの上に装着して山登りしている動画をご覧になった方も多いのではないでしょうか。一昔前まではそういった撮影の際に撮影者の動きの影響で動画にブレが目立ちましたが、最近のモデルはそのブレ補正を大幅に改善したモデルが多く、より安定感のある撮影が可能になっています。

誰も見たことのない映像を撮りたいならドローン

最後に紹介するのは、ドローンです。最大の特徴は人が絶対に撮れない角度、ポイントからの撮影が可能な点。例えば被写体を上空から鳥目線で撮影するなどの映像は、ドローンが普及している今なお新鮮でキャッチーな印象を与えることができます。加えて被写体の自動追尾、セルフィーなど、多機能なモデルが多く、撮影者の負担を減らしてくれるでしょう。ただし、ドローンは飛行禁止区域など、場合によっては法律に違反してしまうので、きちんと知識を頭に入れ、安全に配慮して撮影に臨むようにしてください。

YouTubeの撮影にオススメのカメラ10選

今回はYouTubeの制作に必要なカメラの種類を紹介しました。自分が作りたいYouTube動画の内容に合わせて、ミラーレス一眼・コンデジ・アクションカメラ・ドローンの中から最適なカメラを選んでください。

GooPass マイクとミニ三脚つき!youtube/Vlog入門キット X-T200 レンズキット [ダークシルバー] + 動画制作アクセサリーセット

本格的な撮影ができるオールインワン。

X-T200本体と標準レンズに動画制作アクセサリーセット(RODE VideoMicro + マンフロットPIXIミニ三脚)を加えたYouTuber・Vlogger向けのセットです。FUJIFILMの特徴であるフィルムシミュレーションで動画の色味を変え、自分の好みのカラーでクリエイティブな動画撮影が可能。マイクはプラグインパワー駆動のため、電池は必要なし。ミニ三脚は「Manfrotto」のロゴを押せば雲台のボールが開放され、放すとロックされるシンプルな仕様です。

製品名 X-T200レンズキット
マウント Xマウント
センサーサイズ APS-C 23.5mm×15.7mm/CMOS
画素数/動画サイズ 2424万画素(有効画素)/ 4K 30P
カメラの重さ 321g
レンズ名称 XC15-45mm F3.5-5.6 OIS PZ
レンズの重さ 135g
備考 レンズを含めても500g以下と軽量、コンパクト/35mm判換算で23mm-69mm相当、人物や風景など広角からちょっとしたアップまで対応

■カメラ本体を購入する場合は、81,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

GooPass サイバーショット DSC-RX100M6 + VCT-SGR1 シューティンググリップ セット

あれこれ考えなくてすむシンプルセット。

レンズの選択に迷わないソニーのコンデジ、サイバーショット DSC-RX100M6と、録画のスタート/ストップなどの操作ができ、ミニ三脚にもなるシューティンググリップとのセットです。広角から望遠までカバーする24mm-200mmと幅があり、レンズ一体型で、どのレンズを使用するか迷うことはありません。連続撮影時間が最大29分、4Kなど高画質では約5分しかもたないので、長時間撮影を続けなければならないシーンには不向きといえます。

タイプ コンパクトデジタルカメラ
画素数/動画サイズ 2010万画素(有効画素)/ 4K 30P
センサーサイズ 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOS
本体の重さ 301g
レンズのスペック 24mm-200mm (光学ズーム) F2.8-F4.5

■カメラ本体を購入する場合は、109,557円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

DJI OSMO POCKET

超小型なのに機能はパワフル。

超小型4Kジンバルカメラ。映画のワンシーンのような映像を撮影できるスタビライザーとカメラセットの機能が、この小さいボディにぎゅっと詰まっています。一眼レフカメラと比べると、センサーサイズが異なるため画質は劣りますが、手ブレのない流れるような映像を撮ることが可能です。

タイプ アクションカメラ
画素数/動画サイズ 1200万画素(有効画素)/ 4K 60P
センサーサイズ 1/2.3インチ/CMOS
本体の重さ 116g
有効稼働時間 140分

■カメラ本体を購入する場合は、36,960円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

GoPro MAX CHDHZ-201-FW

全てを映し撮る、最強の360°。

GoProの代名詞、防水防塵のタフ仕様はもちろんのこと、新たな安定化機能の「Max HyperSmooth」を搭載し、GoPro史上最高にスムーズなビデオ撮影を可能にしたモデルです。さらに通常のシングルレンズから全方位360°への切り替えができるという、これまでに登場したGoProのメリットを1台にまとめてしまったカメラ。とりあえず全部撮って編集で選ぶ、そんな新しい編集を実現します。インスタ投稿などに便利な、縦動画撮影機能も嬉しいポイントです。

タイプ アクションカメラ・360度カメラ
動画サイズ 360°撮影時 6K 30P/ステッチ後 5.6K 30P
主な機能 Max Hypersmooth ビデオ安定化機能/Max TimeWarp タイムラプスモーションビデオ/360°撮影・オーディオ/水平維持機構/防水

■カメラ本体を購入する場合は、54,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

GoPro HERO8 BLACK CHDHX-801-FW

これさえあればなんとかなる、万能カメラ。

スムーズな動画撮影のために使うスタビライザーを、外付けではなくカメラ本体に同様の機能を入れているので、とにかくコンパクト。もちろん必要であれば外付けも可能で、そのほかアクセサリーを用いた拡張性も特徴。HD画質のライブストリーミングも可能で、クリエイティブな動画制作も含めて多様なYouTuberのニーズに応えます。動画と写真の連動も特徴的で、Live Burstという機能を使えば、動画撮影の前後1.5秒を90枚の静止画として記録可能です。

タイプ アクションカメラ
動画サイズ 4K 60P
主な機能 HyperSmooth 2.0 ビデオ安定化機能/最大 1080P240 のスローモーション/TimeWarp タイムラプスモーションビデオ/Live Burst 動画撮影中の静止画記録/防水

■カメラ本体を購入する場合は、45,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額9,800円でレンタル可能です。

DJI Mavic Mini

ドローン初心者におすすめ、まず飛ばしてみよう。

200g以下のドローンは規制が少ないので、より気軽に飛ばすことができます(規制がないわけではないので、飛ばしてよい条件の確認や飛行時の安全チェックは必要です)。「クイックショット」という機能を使うと、被写体の周囲を回って撮影する「サークル」など、合計4つのパターンで自動撮影が可能。1人だけの撮影、またはYouTuber自身も出演する動画制作にも適しています。

タイプ ドローン
画素数/動画サイズ 2.7K 30P
最大飛行時間 30分
本体の重さ 199g

■カメラ本体を購入する場合は、45,800円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額5,800円でレンタル可能です。

DJI Mavic 2 Zoom

進化し続けるドローンでクリエイティブな映像を。

Mavicシリーズの特徴はコンパクトさ。折り畳むと350mlペットボトルよりちょっと大きいぐらいのサイズになるので、持ち運びが簡単です。そして、DJI Mavic 2 Zoom 最大のポイントが、24mm-48mm光学2倍ズーム(デジタルズームと合わせると最大4倍)。被写体から離れてより安全に撮影したい時や、障害物があって近づいて撮影できない時などに有効です。そして、ドリーズーム撮影という機能を使用すると、機体を後退しながらズームインすることにより、背景だけ迫ってくるようなユニークな映像を撮ることができます。他にも被写体のオートフォーカストラッキングなど、あったら便利な機能満載です。
※200gを超えるドローンは航空法の適用範囲であり、また人体に甚大な危害を加える危険を伴います。必ず操縦前に周囲と安全の確認をしてから撮影を楽しんでください。

タイプ ドローン
画素数/動画サイズ 1200万画素/4K 30P
最大飛行時間 31分
本体の重さ 905g

■カメラ本体を購入する場合は、158,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

FUJIFILM X-H1 ボディ

プロ並みのカラーグレーディングを手軽に。

映像美に定評のあるFUJIFILM。その理由はフィルムで培った美しいカラーを作る技術力にあります。プロの映像制作フローでは、RAWデータなどで撮影し、カラーグレーディングと呼ばれる作風を決める色の調整をしていくのが一般的です。ところが、FUJIFILMではフィルムシミュレーションという機能がカメラに内蔵されており、アナログカメラのフィルムを取り換える感覚で自分の好みのカラーを選択可能。X-H1は映画撮影用フィルムのETERNA(エテルナ)の追加やスマホを利用したリモート撮影、手ブレ補正機能など、より動画撮影に特化したカメラです。

タイプ ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 2430万画素(有効画素)/ 4K 30P
センサーサイズ APS-C X-Trans CMOS III
本体の重さ 623g
対応マウント Xマウント

■カメラ本体を購入する場合は、263,440円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

Panasonic LUMIX DC-GH5S ボディ

プロの映像制作現場でも活躍する実力。

プロの現場で評価が高い4:2:2 10bit 4K30p動画記録や、有名なYouTuberが実際に愛用しているGH5シリーズ。手ブレ補正はもちろん、マイクロフォーサーズに対応しており、パナソニック以外のレンズを選べるのもメリットです。動画撮影に関して、記録方式など、カスタマイズできる範囲が広い、本格派のカメラといえるでしょう。

タイプ ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 2033万画素(有効画素)/ 4K 60P・C4K 24P
センサーサイズ 4/3型Live MOS センサー
本体の重さ 645g
対応マウント マイクロフォーサーズ

■カメラ本体を購入する場合は、200,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディ

ミラーレスの軽量性+フルサイズセンサー。

デジタル一眼レフと同じフルサイズのセンサーを使用しているので、一般的なAPS-Cセンサーのミラーレスと比べて高画質。プロモーションで話題になった、真っ暗な夜を昼間のように撮影できるISO409600という、とんでもない高感度も魅力です。感度を上げるとノイズが出てくるので、なるべく感度は上げずに撮影するのが一般的ですが、7sシリーズはノイズが少ないという特徴があります。夜の撮影や日中でもシャッタースピードを上げて撮影したい時などに有効です。

タイプ ミラーレス一眼
画素数/動画サイズ 1220万画素(有効画素)/ 4K 30P
センサーサイズ フルサイズ Exmor CMOSセンサー
本体の重さ 584g
対応マウント αEマウント

■カメラ本体を購入する場合は、200,000円(2020/7/20現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額17,800円でレンタル可能です。

まとめ

カメラを変えることで撮影方法や撮影者の視点が変わり、誰も見たことのないクリエイティブな動画につながる可能性が上がります。今回のGooPass MAGAZINEでは、そんな表現の幅が広がる、ワクワクさせてくれるカメラを紹介しました。是非、当記事を参考に動画撮影を楽しんでみてください。

【月額定額制で借り放題 ~GooPassを利用するメリット~】

レンタル返却期限、なし。

「〜ヶ月以内に返却してください」などのレンタル期限はありません。借りっぱなしでもOK。好きな機材で、好きなだけ撮影できます。最短1ヶ月で返却可能です。

補償制度、あり。

通常利用による故障は自己負担なし。安心してお使いいただけます。
※紛失・盗難の場合は、実費をご負担いただきます。

レンタル中の機材は、一部無料で入れ替え可能。

GooPassは完全定額制のカメラレンタルサービスです。機材ごとにRankが設定されており、同Rank以下の機材であれば何度でも交換することができます。

30秒プロモーションムービー

一眼レフカメラ・ミラーレスカメラ・交換レンズ・アクションカメラ・ドローンなど、カメラ機材が月額定額でレンタルし放題のサービス『GooPass』のプロモーションムービーです。

 

GooPassに会員登録する

 

※GooPassサービス紹介はこちら

期間限定特別クーポン発行 初月20%OFF

※2020年8月31日までに新規でご登録いただいた方に限り、初月の利用料金を20%OFFさせていただきます。リンク先より、クーポンコード【M2mmCcc1】をご入力ください。