【GooPass TRAVEL MAGAZINE】Vol.23 軍艦島(長崎県長崎市)

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!
今回は、長崎半島沖にある廃墟撮影スポット・軍艦島を紹介します。

軍艦島とは

軍艦島は海底炭坑を採掘するために開発された人工の小さな島です。炭坑最盛期であった1960年には約5300人が居住しており、学校や病院、映画館などの施設も整っていました。「軍艦島」は通称であり、正式名称は「端島」といいます。海岸線を垂直の護岸堤防で囲み、鉄筋コンクリートの高層建築が建ち並ぶ様子が大正時代に三菱重工長崎造船所で建造された戦艦「土佐」に似ていることから、「軍艦島」と呼ばれるようになったのだとか。主要エネルギーが石炭から石油へと移行したことによって、1974年に閉山となり、島は無人化しました。しばらくの間、島は危険であるため上陸は許されていませんでしたが、2000年になると「近代化の遺産」として注目されるようになりました。
そして、2005年に再び上陸可能に。2009年には観光地化し、ツアーも組まれるほど整備されました。2015年には、ユネスコ世界文化遺産として登録されています。廃墟となった島の人気は高まり、ツアーも大盛況ですが、軍艦島へ上陸は厳しい天候基準をクリアしなければなりません。実際のところ許可が下りるのは年間100日ほどだとも言われています。そんな軍艦島ですが、上陸しなくても楽しめる撮影スポットがあります。今回は特におすすめしたい撮影スポットをご紹介していきます。

軍艦島のオススメ撮影スポット

野母崎水仙の里公園

野母崎水仙の里公園は、長崎半島の先端に位置する観光スポットのひとつです。「かおり風景100選」に選定された1000万球の水仙が有名で毎年12月~1月の間は多くの観光客で賑わいます。公園内は小高い丘が3つあります。駐車場前にある北側展望台、テニスコート裏にある東側展望台、北側展望台横にある西側展望台です。水仙を撮影するなら、北側展望台がおすすめ。そして、野母崎水仙の里公園の魅力は、海岸から軍艦島が見えることです。この公園は県内で一番軍艦島に近い陸地なので、丘の上の展望台まで登らなくても軍艦島を望むことができます。壮大な海とともに写す軍艦島もなかなか魅力的ですよ。公園の他にスポーツが楽しめるグラウンドや軍艦島の歴史を学べる軍艦島資料館、野母崎炭酸温泉などもあります。土日はお昼過ぎになると、混雑してくるので、温泉にゆっくり入るならその時間帯を避けた方が良さそうです。

夫婦岩

長崎市内から野母崎半島をドライブしていると、海岸線沿いに赤縄で祀られている2つの岩が見えてきます。これが夫婦岩です。夫婦岩は約4億8000万年も前に形成された非常に古い岩石で、夕日の撮影スポットとして人気を集めています。広めの展望室があり、軍艦島だけでなく長崎外港に浮かぶ島々を一望することが可能です。ぜひ海の心地良いそよ風を感じながら、美しい絶景を写真に収めてくださいね。2階には望遠鏡付きの展望所もあります。また、駐車場は無料なので、夕暮れより少し早めの時間に行くのがおすすめです。

軍艦島のオススメ撮影時期や時間帯は?

軍艦島は、4月~10月が上陸シーズンとされています。それでも、台風の影響などで波が高く風が強い日は船が欠航してしまうので、8,9月辺りは避けた方が良いかもしれません。島への連絡船は9時と14時に長崎港を出航し、それぞれ3時間で戻ってきます。そのため、日中のみ撮影が可能です。夕日を撮影したい方は、夕暮れ時に軍艦島を周遊する「サンセットクルーズ」も用意されているので、そちらも併せてご利用ください。

軍艦島の作例写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

N Mau(@millefeuille)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

kazutoshi sasaki(@hinokiasunaro264114)がシェアした投稿

軍艦島の撮影にオススメの機材


レンズ

軍艦島に持っていくなら望遠レンズがおすすめです。特に広倍率ズームレンズなら、海岸や船の中からの撮影も容易に行なうことが可能。また、明るめのパンケーキレンズも一緒に持っていくと撮影のバリエーションが増えます。

Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

標準から望遠をカバーできるコンパクトズームレンズ。

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMは、ミラーレスEOSに装着できるズームレンズです。このレンズ1本あれば、スナップ撮影から望遠撮影まで気軽に楽しむことができます。広範囲のレンズは大きい上に重くなりがちですが、EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMは全長86.5mm、重さは約260gとコンパクトな設計。さらに、手ブレ補正機能も搭載。最適な手ブレ補正を自動的に行なってくれます。特に夕暮れ時の撮影は光量不足でシャッター速度を落として撮影することが多くありますが、そのような時も手ブレ補正機能は役立ちますよ。また、UDレンズや非球面レンズを採用しているのも特徴の一つです。UDレンズには写真の色にじみを除去してくれる特性があるので、写真の仕上がりもより鮮明で美しくなります。

製品名 Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
対応マウント キヤノンEF-Mマウント
対応センサーサイズ ミラーレスEOS専用
フィルター径 Φ52mm
重さ 260g

■購入する場合は、34,640円(税込)(2020/11/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。

Canon EF-M22mm F2 STM

フルタイムマニュアルフォーカスを採用。

EF-M22mm F2 STMは、EOS Mシリーズ専用の薄型パンケーキレンズです。厚さはわずか23.7mmしかありません。重量は約105gと軽量。予備で持っていても邪魔にならないレンズです。開放値はF2.0で光量が少ない場所でもシャッター速度を落とさずに撮影できます。EF-M22mm F2 STMには、オートフォーカスの他、手動でピントを合わせるマニュアルフォーカス、フルタイムマニュアルフォーカスがあります。フルタイムマニュアルフォーカスは、オートフォーカスでピント合わせをした後、シャッターボタンを半押し状態にして手動でピント合わせる機能です。撮影シーンの幅が広がりますね。

製品名 Canon EF-M22mm F2 STM
対応マウント キヤノンEF-Mマウント
対応センサーサイズ ミラーレスEOS専用
フィルター径 Φ43mm
重さ 105g

■購入する場合は、21,387円(税込)(2020/11/23現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額6,380円(税込)でレンタル可能です。


軍艦島のアクセス

■住所
長崎県長崎市高島町端島

軍艦島は長崎港にアクセスし、そこからは船で上陸します。個人で上陸することは許可されていないので、各船会社が運航している軍艦島上陸ツアーに参加しましょう。長崎港から軍艦島への所要時間は約40分。長崎港のアクセスの仕方は以下の通りです。

バスの場合

・JR長崎駅より路面電車「正覚寺下」行きに乗車。大波止で下車後、徒歩約2分。
・長崎空港よりリムジンバスに乗車。直通で大波止までアクセス可能。(所要時間は約54分)

自動車の場合

・出島道路より約5分。

野母崎水仙の里公園のアクセス

バスの場合

・JR長崎駅より樺島行または岬木場行のバスへ乗車。(所要時間は約50分)

自動車の場合

・長崎道長崎ICから出島バイパス・国道499号経由で約40分。

夫婦岩のアクセス

電車の場合

・JR「二見浦」駅から徒歩約15分。

自動車の場合

・伊勢二見鳥羽ライン「二見JCT」より約3分。
・伊勢自動車道「伊勢IC」より約15分。

軍艦島付近の宿泊施設

i+Land nagasaki (旧名称:長崎温泉やすらぎ伊王島)

長崎市から車で約30分のところにあるエンターテインメントリゾートホテル。客室はライフスタイルに合わせて選ぶことができます。オーシャンビューにドックラン付き、グランピングも可能。お料理もシェフによる季節の食材をふんだんに使用した懐石料理が絶品です。その他、BBQも楽しめますよ。温泉も種類も充実していて、それぞれの要望に合ったホテルライフを満喫することができます。GoToキャンペーン中に公式サイトから予約すると最大50%の割引が適用されるので、この機会に優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

住所 長崎市伊王島町1-3277-7
アクセス ・長崎港より高速船で約19分
・長崎駅より無料バス送迎あり
電話番号 095-898-2202
URL https://www.islandnagasaki.jp/
1泊あたりの料金(1人) 9,405円

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1000種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,000種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,000種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【gts_kyme9】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2021年4月中に新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

関連記事一覧

  1. 【GooPass TRAVEL MAGAZINE】Vol.3 青い池(北海道上川郡美瑛町)

  2. 【2021年】岩手県のオススメ撮影スポット5選

  3. 【2021年】宮崎県のオススメ撮影スポット10選

  4. 【GooPass TRAVEL MAGAZINE】Vol.17 吹割の滝(群馬県沼田市)

  5. 【GooPass TRAVEL MAGAZINE】Vol.2 伏見稲荷大社・千本鳥居(京都府京都市伏見区)

  6. 【2021年】新潟県のオススメ撮影スポット10選

  1. 【2021年】茨城県のオススメ撮影スポット10選

    2021.03.29

  2. 【2021年】愛知県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.26

  3. 【2021年】島根県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

  4. 【2021年】広島県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

  5. 【2021年】岡山県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

×