【GooPass TRAVEL MAGAZINE】Vol.2 伏見稲荷大社・千本鳥居(京都府京都市伏見区)

こんにちは、GooPass MAGAZINE編集部です!
今回は、京都府京都市伏見区にある人気撮影スポット・伏見稲荷大社を紹介します。

伏見稲荷大社とは

「お稲荷さん」の愛称で親しまれる伏見稲荷大社。その歴史は、西暦711年にまで遡ります。建立から1300年以上の歴史を持つランドマークは、日本全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本宮。京都府京都市伏見区が誇る人気観光スポットであり、人気撮影スポットです。その中でも有名なのが、「千本鳥居(せんぼんとりい)」。その名前の通り、約1000本の鳥居が、境内後方にある奥宮から奥社に続く参道まで、徒歩10分ほどトンネル状にズラリと並びます。

伏見稲荷大社のオススメ撮影時期や時間帯は?

伏見稲荷大社のオススメ撮影時期は、何と言っても紅葉が色付く11月中旬〜12月初旬の時期です。紅葉と朱い鳥居の美しい調和は、カメラ好きなら是が非でも写真におさめたいところ。伏見稲荷大社は24時間参拝可能ですが、人気の少ない早朝や、背景がオレンジに染まる夕暮れが撮影にオススメの時間帯です。また、伏見稲荷大社で1番の人気撮影スポット・千本鳥居は、観光客など人が密集しているため、日中に撮影することは(ほぼ)できません。人影がまばらな早朝、もしくは20時以降がオススメです。特に、提灯に明かりが灯される夜の時間帯はシャッターチャンス。幾重にも連なった鳥居が、提灯によって幻想的にライトアップされる様は、息を呑む美しさです。

伏見稲荷大社・千本鳥居の作例写真

 

この投稿をInstagramで見る

 

千本鳥居、伏見稲荷大社 伏見稲荷大社さんについてはもはや語る必要がないのですが、私は夜の伏見稲荷大社さんが私は特に好きです🥰✨ 大鳥居から始まるライトアップの美しさ、境内の静けさとお山の厳かさ、鳥居を走り抜けていく修験者さん、登り切った時のあっけなさ、中腹から見る京都の町の綺麗さ、等々まぁそのへんいろいろで言葉にしがたいので、Gotoで京都にきて夜暇なら立ち寄ってみてください🏃‍♂️🌃✨✨ ―――――――――――――――――――――――――――― Fushimi-Inari Taisha Shrine located in Sakyo ward, Kyoto Prefecture. Fushimi-Inari Taisha Shrine’s tunnels are comprised of over a thousand vividly scarlet Tori-i gates. These are called “One Thousand Tori-i” but there are actually almost 10 thousands of Tori-i in Fushimi-Inari Taisha Shrine . These Tori-i were devoted as a means of prayer for their wish. ―――――――――――――――――――――――――――― #伏見稲荷大社 #kyoto #lovejapan #giappone #京都散策 #京都好き #お寺巡り #神社仏閣 #カメラさんぽ #bestjapanpics #lovers_nippon #pics_jp #special_spot_ #kyotopi #visitjapanjp #otonatabi_japan #beautiful_kansai #histrip_japan

Yuki Sato(@aroe0326_photo)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

———————————————————— Thousands of Vermilion Gates. #hellofrom #Kyoto #伏見稲荷大社 #fushimiinari Thanks to @shugraphy_059 ———————————————————— 🚩 Fushimi Inari Shrine, Kyoto, Japan 伏見稲荷大社, 京都 ———————————————————— Gear: 5d mark IV @eos_canonjp @canonasia Lens: 135 mm f/1.8 @sigmaglobalvision Focal length: 135 mm Aperture: f/1.8 Shutter Speed: 1/160 sec ISO: 400 Software: @lightroom @photoshop ———————————————————— 🏷 #s_shot #ig_phos #voyaged #LaP_2020 #wu_japan #photo_jpn #raw_japan #nippon_pic #visitjapanjp #hubsplanet #visitjapanjp #LBJ_legend #art_of_japan_ #bestjapanpics #discovertokyo #lovers_nippon #Rox_Captures #urbanromantix #japan_of_insta #whim_member #stayandwander #urbanandstreet #streetgrammers #daily_photo_jpn #tokyocameraclub #vivid_impact_member @discovery @instagood @moods_in_frame

Tatsuro(@ubutsq)がシェアした投稿 –

伏見稲荷大社・千本鳥居の撮影にオススメの機材

カメラ

軽量・コンパクトなミラーレス一眼カメラがオススメです。また、夜間はかなり暗くなるため、高感度撮影に強いモデルを選ぶと良いでしょう。

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディ

α7s II

驚きの暗所性能。

最高ISO感度409600の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載し、高感度耐性が非常に高い、驚きの暗所性能を持ったカメラがこのα7SⅡです。画素数を1220万画素にまで抑え、その分センサーの高感度耐性高めることに成功。すべての領域でダイナミックレンジを実現しています。また4.5段分の手ブレ補正も搭載しており、暗所でのスローシャッターでの手ブレなども軽減することができるので、夜景の撮影などにもピッタリです。低照度時でも高速で高精度のAFが可能なファストインテリジェントAFを搭載しており、なんと−4EVの低照度環境でのピント合わせが可能に!この−4EVという値は発売当初でも驚異的な数字でしたが、2020年現在でもトップクラスの暗所AF性能なので是非とも体験していただきたいです!動画性能に関しても同じくトップクラスの暗所性能を誇り、動画撮影時もファストインテリジェントAFが暗所でのピント合わせの精度を高めてくれます。さらには4.5段分の手ブレ補正が、手持ち撮影もサポート。もちろん4K動画も全画素読み出しに対応しています。高感度・低ノイズでの高解像度の4K動画が撮影可能になっており、プロ用のムービーカメラとしても、活躍する一台です。

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディ
センサーサイズ フルサイズ
画素数/動画サイズ 1220万画素/4K(30p)
AF測距点 169点
ファインダー視野率/倍率 約100%/約0.78倍
測光分割数 1200分割
 常用感度 ISO100~102400
シャッター速度 1/8000~30秒
 本体の重さ 584g
その他機能 ボディ内手ブレ補正、Wi-Fi、NFC

■購入する場合は、190,440円(税込)(2020/1/7現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額19,580円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》
※GooPassの『1Weekレンタル』なら月額10,780円(税込)で1週間借りることができます。

レンズ

伏見稲荷の千本鳥居は、幾層にも連なった鳥居が映えポイント。そのため、レンズはできるだけ多くの鳥居が写るように、広角レンズを選ぶと良いでしょう。

TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)

大口径広角ズームなのに、この軽さ。

17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)は、フルサイズセンサーに対応した超広角ズームレンズです。長さ99mm、質量420gというスペックは、他社の競合レンズと比較すると圧倒的に小型軽量で、「大きく重い」というのが常識だった大口径広角ズームレンズを、より気軽に使えるものに昇華しています。山登りや海外旅行など「荷物を少なくしたいけど、広角レンズは絶対に持っていきたい…!」というシーンでは、本レンズの恩恵は計り知れません。TAMRON独自の高性能な特殊ガラスを贅沢に使用しており、描写力はクリアで良好です。さらに、広角端で最短撮影距離0.19m、最大撮影倍率1:5.2。比較的寄って撮影できるので、レンズを取り替えなくても、F2.8のボケを活かした撮影が可能です。広角レンズを検討しているなら、「とりあえずこのレンズを持っていれば間違いない」とオススメしても差し支えないでしょう。

製品名 TAMRON 17-28mm F/2.8 Di III RXD (Model A046)
対応マウント ソニーEマウント
対応センサーサイズ フルサイズ
フィルター径 φ67mm
質量 420g

■購入する場合は、94,780円(税込)(2020/8/12現在 カカクコム調べ)となっているようです。
■GooPassなら月額10,780円(税込)でレンタル可能です。

レンズキット

上記のカメラ本体(ボディ)とレンズがセットになった、GooPassオリジナルのレンズキットです。

SONY α7S + 超広角ズームレンズ17-28mm F2.8セット

■購入する場合は、92,800円(税込)(2020/9/2現在 カカクコム調べ)となっているようです。

■GooPassなら、カメラとレンズ合わせて月額15,180円(税込)でレンタル可能です。《月額入れ替え放題サービス》

伏見稲荷大社のアクセス

■住所

〒612-0882 京都市伏見区深草薮之内町68番地

電車の場合

・JR奈良線「稲荷駅下車駅」より徒歩1分

・各線「京都駅」より徒歩5分

・京阪本線「伏見稲荷駅」より徒歩徒歩5分

市バスの場合

・南5系統「稲荷大社前」下車後、東に徒歩7分

自動車の場合

・名神高速道路「京都南インター」より約20分

・阪神高速道路「上鳥羽出口」より約10分

 

※駐車場が併設されていますが、混雑が予想されるため公共の交通機関をご利用ください。

※12月30日〜1月5日は駐車場が閉鎖されます。ご注意ください。

伏見稲荷大社付近の宿泊施設

アーバンホテル京都

伏見稲荷大社から徒歩15分の位置にある、アクセス抜群のホテルです。駐車場を完備しており、普通車であれば何泊しても1,100円で利用できます。また、ホテルの半径500m以内には、石峰寺・宝塔寺・端光寺・藤森神社などの寺社があり、伏見稲荷大社以外でも周辺散策を楽しむことが可能です。また、ビュッフェ形式の朝食に加えて京野菜懐石・ふぐ料理・近江牛などを選べる「2食付プラン」や、200種類の中から好きな着物を選べる「着物レンタルプラン」など、宿泊者のニーズに合わせた様々なプランが用意されています。もちろん、GoToキャンペーンにも対応。非日常的な古都の旅を、リーズナブルに楽しめるホテルです。

住所 京都府京都市伏見区深草西浦町4丁目59番地
アクセス 伏見稲荷大社より徒歩15分
電話番号 075-647-0606
URL https://uh-urban.com/kyoto/index.html
1泊あたりの料金(1人) 5,500円〜

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1000種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,000種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,000種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【gts_kyme9】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2021年4月中に新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

関連記事一覧

  1. 【2021年】宮城県のオススメ撮影スポット8選

  2. 【2021年】奈良県のオススメ撮影スポット10選

  3. 【2021年】千葉県のオススメ撮影スポット6選

  4. 【2021年】山形県のオススメ撮影スポット5選

  5. 【2021年】岩手県のオススメ撮影スポット5選

  6. 【2021年】佐賀県のオススメ撮影スポット10選

  1. 【2021年】茨城県のオススメ撮影スポット10選

    2021.03.29

  2. 【2021年】愛知県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.26

  3. 【2021年】島根県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

  4. 【2021年】広島県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

  5. 【2021年】岡山県のオススメ撮影スポット10選

    2021.02.25

×