サッカーを上手に撮影する方法

スポーツ撮影に挑戦したいものの「サッカー撮影は少し難しそう……」と感じる方は多いのではないでしょうか。確かに、サッカーは戦況が目まぐるしく変化する激しいスポーツです。しかし、しっかりとサッカー撮影に適したカメラ・レンズを選んで設定すれば、カメラ初心者の方でも選手のかっこいいプレイや表情を撮影できます。そこで、今回は「サッカーを上手に撮影する方法」を紹介します。

目次

サッカーの撮影にオススメな機材

カメラ

カメラは「必ず光学ファインダーで撮影したい」など特別な理由がない限りは、ミラーレス一眼レフカメラがオススメです。一眼レフカメラに比べ遥かに小型・軽量で、長時間のサッカー撮影には最適。また、オートフォーカスや高速連写も、現在では一眼レフカメラより高性能の機種が数多くあります。サッカー撮影では、少なくとも毎秒10コマの高速連写ができるカメラを選びましょう。

レンズ

レンズは、基本的に望遠~超望遠域が撮影できる高倍率なズームレンズがオススメです。サッカーは選手が激しく動くため、高倍率のズームレンズを使用することで状況変化に対応できます。シャッターチャンスを多少犠牲にしても、キレのある描写やボケ味を楽しみたいという方は単焦点レンズを選んでもよいでしょう。いずれにしても、できる限り長距離を撮影できる望遠レンズであれば、遠くの選手を撮影したり、表情をクローズアップしたり、撮影の幅が広がります

アクセサリー

サッカー撮影では、一脚に装着して撮影するのがオススメです。長時間手持ちで撮影していると、体力的な負担はもちろん、集中力の低下も招きます。しかし、一脚使用時の腕への負担軽減効果は圧倒的。また、三脚に比べ軽いため、撮影ポイントの移動も機敏に行なえます。撮影エリアが決まっていて動くことがない場合は、三脚を選ぶと良いでしょう。

サッカーの撮影にオススメな設定

F値

F値は、背景をどの程度ボカしたいかによって決めましょう。広角レンズでグラウンド全体を撮影する場合や、標準~望遠レンズで選手の背景をボケさせたくない場合は、イメージセンサーのサイズによってF8-13に設定。選手をアップにして背景をボカしたい場合は、F3.5-5.6辺りに設定すると良いでしょう。背景をより大きくボカしたいということでF2.8以下に設定するのも良いですが、サッカー選手が激しく動いているときにはピントがズレる可能性が高くなるため、注意が必要です。

シャッタースピード

シャッタースピードは、1/500秒以上の高速シャッターに設定しておくようにしましょう。サッカー選手が激しく動いてプレイしている場合、1/500以下のシャッタースピードにしてしまうと手足がブレてしまいます。ボールを持っていない場合や軽くパス回しをしている状況なら、より遅いシャッタースピードでも問題ありません。サッカー撮影に慣れてきたら、ISO感度との兼ね合いを見つつ、状況に応じて臨機応変に変更してみてください。

ISO感度

ISO感度は、常用ISO感度の中で一番低い数値に設定するのがオススメです。常用ISO感度の最低数値はISO100が一般的で、一番低く設定することで最高画質で撮影できます。日中でも曇っていれば、ISO100ではシャッタースピードが稼げないことがあるため、ISO400-800に上げると良いでしょう。ナイターではISO1600-3200程度が基本ですが、暗所撮影に強いカメラを使用している場合、ノイズを許容できる程度によって、より高い数値に設定しても問題ありません。

オートフォーカス

オートフォーカスは、コンティニュアスAF(AF-C)に設定するのがオススメです。メーカーによってはトラッキングAFなど名称が異なる場合がありますが、いずれにせよ動く被写体に強いオートフォーカス設定を選びましょう。シャッターボタンを半押ししたり、親指AFボタンを押している間、被写体にピントを合わせ続けてくれます。また、一つの測距点をフォーカスする「シングルポイントAF」ではなく、5点ほどのまとまったエリアから被写体のメインの部分にフォーカスしてくれる「グループエリアAF」を設定しましょう。激しく動くサッカー選手に対応しやすくなります。

サッカーのシーン別オススメ撮影方法

ドリブル

まずは引いて全身を撮影しましょう。このとき、ボールを蹴り出して足を開いている状態でシャッターを切ると、躍動感を表現できます。縦位置構図では報道写真のようになりやすいため、横位置にして選手が向かっている方向に空間をあけるなど工夫をしてみましょう。また、足とボールを切り取るのもオススメです。超望遠レンズを使ってグッとフォーカスすることによって背景が大きくボケ、迫力のある写真になります。コツは、地面スレスレにカメラを構えること。足とボールの高さにカメラを合わせて、背景が抜けるようにしましょう。

パス、シュート

パスやシュートは、撮影位置が重要です。サッカー選手はボールを蹴るとき、利き足の方に体を開くため、体が開く方のサイドライン際にポジションをとっておいたほうが、蹴る瞬間の表情や足の動きを捉えられます。ボールを蹴るモーションに入る瞬間から連写を始め、蹴った後の大きく足を振り上げたタイミングまで狙いましょう。躍動感のある写真が撮影できます。

トラップ

トラップは、撮影位置に注意しましょう。胸トラップも足トラップも基本的には後ろからくるボールを受けるため、ゴールと反対側を向いて行うことがほとんどです。特に胸トラップはゴール前まで飛ばされたロングパスを受けるときに行います。そのため、ゴールに近い場所にポジションをとるより、若干センターライン寄りのサイドライン際にポジションをとったほうが撮影しやすくなります。胸トラップを撮影する際は、腰から上のバストアップを切り取ると迫力のある写真が撮影できるのでオススメです。

フリーキック(プレースキック)

フリーキックはプレイを中断してから蹴るまでに時間があるため、比較的ポジションが取りやすいと思います。その際「パス、シュート」の項目で説明したのと同様に、選手の利き足に注意して体が開く方のサイドライン際にポジションを取るようにしましょう。

PK

PKは、サッカーでは数少ない定位置からのプレイなので、できるだけ正面から撮影したいところ。ゴール横にポジションを取り、他の選手と打ち合わせしている姿やPK前の緊迫した表情などをアップで切り取りましょう。そして、シュートモーションに入ったらカメラを低めに構えて全身を写すことで、背景の抜けが良く躍動感と迫力がある写真を撮影できます。

ゴール直後

ゴール直後は、シャッターチャンスが豊富です。ゴールした選手の歓喜の表情やパフォーマンス、寄ってきた仲間との抱擁など撮影したいシーンが多いので、フレキシブルに対応できるようにしましょう。片目でファインダーを覗きつつ、もう片目で全体の状況を確認すると、選手が次にどういう動きをするか、他の選手が寄ってきているかを予測できます。また、ボールをメインの被写体にするのも有効です。ゴールネットを揺らしたボールを横からアップで切り抜いたり、ゴール裏からボールにフォーカスして選手をボカしたりしても印象的な写真が撮影できます。

サッカーの撮影にオススメなレンズキット

OLYMPUS シャッターチャンスを逃さない!プロ仕様ボディ&万能ズームセット OM-D E-M1X + 12-100mm F4.0 IS PRO

長時間手持ち撮影できるフラグシップカメラキット。

OM-D E-M1Xは、4/3型センサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。オートフォーカスエリアを選択できる「マルチセレクター」や設定変更時に便利な「ファンクションボタン」が多数搭載されており、状況が変わりやすいサッカー撮影でも素早く対応できます。さらに、縦横を切り替えやすい縦位置グリップ一体型のフラグシップ機でありながら、質量はわずか849gの小型・軽量ボディは、長時間のサッカー撮影では嬉しいポイント。手持ち撮影がメインの方に、ぜひともオススメしたい一台です。
 キットレンズは、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO。35mm判換算24-200mm相当の幅広い焦点距離をカバーしており、ズーム全域で開放F4通しなので、サッカー選手をアップにしたときに背景の大きなボケを楽しめます。また「5軸シンクロ手ぶれ補正」に対応しており、シャッタースピード約6.5段分の強力な手ブレ補正効果で、安定した手持ち撮影が可能です。

OM-DE-M1X
マウント マイクロフォーサーズマウント
センサーサイズ 4/3型センサー
有効画素数 2037万画素
常用ISO感度 ISO64~6400
高速連写 約15コマ/秒
幅×高さ×奥行き 144.4×146.8×75.4mm
重量 849g
M.ZUIKODIGITALED12-100mmF4.0ISPRO
マウント マイクロフォーサーズマウント
センサーサイズ 4/3型センサー
焦点距離 12-100mm
F値 F4.0
絞り羽根枚数 7枚
フィルター径 72mm
最大径×長さ 77.5×116.5mm
質量 561g

■ GooPassオリジナルのレンズキットです。こちらのセットは販売はされていません。
■GooPassなら月額29,800円でレンタル可能です。

まずはレンタルして試してみる

Canon 本気のフルサイズ&高倍率ズームセット EOS R5 + RF24-240mm

初心者の方にオススメのハイエンドキット。

EOS R5は、フルサイズセンサーを搭載したミラーレス一眼レフカメラです。 EOSで初めて「ボディー内5軸手ブレ補正機構」を搭載し、レンズ内手ブレ補正とシンクロさせることでシャッタースピード約8段分の驚異的な補正効果を実現。毎秒20コマの高速連写と相まって、シャッターチャンスを逃さない、安定したサッカー撮影ができます。わずかに構図がズレてしまっても、有効画素数4500万なので気軽に編集可能。サッカー撮影初心者の方でも安心です。キットレンズは、RF24-240mm F4-6.3 IS USM。光学10倍の高倍率ズームレンズで、幅広い焦点距離をカバーし、サイドライン際からゴール前、選手の全身から顔のアップまで撮影できます。お子さんのサッカー教室や試合など、ある程度フィールドに近づいて撮影できるシーンにオススメです。

EOSR5
マウント キヤノンRFマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
有効画素数 4500万画素
常用ISO感度 ISO100~51200
高速連写 最高約20コマ/秒
幅×高さ×奥行き 138.5×97.5x88mm
重量 650g
RF24-240mmF4-6.3ISUSM
マウント キヤノンRFマウント
センサーサイズ フルサイズセンサー
焦点距離 24-240mm
F値 F4-6.3
絞り羽根枚数 7枚
フィルター径 72mm
最大径×長さ 80.4×122.5mm
質量 750g

■ GooPassオリジナルのレンズキットです。こちらのセットは販売はされていません。■GooPassなら月額39,800円でレンタル可能です。

まずはレンタルして試してみる

Nikon 高速連写一眼レフ&スポーツ向け望遠ズームセット D500 + AF-P DX NIKKOR 70-300mm

フラグシップ機と同じオートフォーカス性能で選手を逃さない。

D500は、APS-Cセンサーを搭載した一眼レフカメラです。オリンピックでも使われているフラグシップカメラ「D5」と同じオートフォーカスセンサーモジュールを搭載し、激しく動くサッカー選手へのフォーカス性能は一級品。さらに、153点の高密度の配置されたフォーカスポイントによって、構図の自由度が高い撮影を楽しめます。また「AFロックオン」の項目では、メインの被写体の前を横切る障害物に対するオートフォーカスの反応を設定可能。他の選手が横切ってしまっても、メインの選手にしっかりとフォーカスを合わせ続けてくれます。キットレンズのAF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VRは、AF/MF切り替えなどのスイッチ類は搭載されていない分、質量415gと非常に軽量。さらに、35mm判換算105-450mm相当で超望遠域を気軽に手持ち撮影できます。手ブレが起きやすい超望遠域でも、シャッタースピード約4段分の手ブレ補正機構が撮影をサポート。選手にグッと寄った迫力のある写真が撮れます。

D500
マウント ニコンFマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
有効画素数 2088万画素
常用ISO感度 ISO100~51200
高速連写 約10コマ/秒
幅×高さ×奥行き 147x115x81mm
重量 760g
AF-PDXNIKKOR70-300mmf/4.5-6.3GEDVR
マウント ニコンFマウント
センサーサイズ APS-Cセンサー
焦点距離 70-300mm
F値 F4.5-6.3
絞り羽根枚数 7枚
フィルター径 58mm
最大径×長さ 72x125mm
質量 415g

■ GooPassオリジナルのレンズキットです。こちらのセットは販売はされていません。■GooPassなら月額13,800円でレンタル可能です。

まずはレンタルして試してみる 

まとめ

今回は「サッカーを上手に撮影する方法」を紹介しました。サッカー撮影はISO感度を低くし、シャッタースピードをできるだけ早くすると、ブレのない高画質な写真が撮影できます。また、F値の設定はピントがズレないように下げすぎないことが大事です。こちらの記事を参考に何度もサッカー撮影に挑戦して、満足の1枚を撮影してください。

よかったらシェアしてね!

GooPassオンライン機材相談会のお知らせ

「今度●●を撮影する予定があるので、ぴったりのカメラ・レンズを選んでほしい…」「GooPassに会員登録したものの、この後に機材を借りるまでの流れがよく分からない…」など機材・サービスに関するお悩みを、カメラの知識・経験豊富なGooPassスタッフがオンラインで(無料で)解決します!
詳しくは、下記のバナーをCHECK!GooPass会員様も非会員様も、是非この機会にご利用ください。

※相談会はビデオチャットを利用します。お客様は音声のみ(顔出しなし)で参加いただくことが可能です。

カメラのサブスク 〜月額制で入れ替え放題のGooPassとは?〜

【GooPass】表現力は借りてもいい 1,400種類以上のカメラとレンズ

レンタルできる機材は、1,400種類以上

GooPassとは、カメラ本体、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額で入れ替え放題のサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品や人気モデルなど、ラインナップは1,400種類以上。Web上で予約後、日本全国に最短1〜2日でお届け可能です。ご自宅での撮影や、購入する前のお試し利用など、様々なシーンでご利用いただけます。

取扱いカメラ機材・メーカー

・一眼レフカメラ
・ミラーレスカメラ
・交換レンズ
・オールドレンズ
・カメラレンズキット
・アクションカメラ
・ドローン
・ジンバル
・NDフィルター

など

LOGOS

GooPass MAGAZINE 限定クーポン【初月5%OFF】
初めてGooPassをご利用される方は、下記の「まずは無料会員登録する」ボタンより無料会員登録後、マイページにてクーポンコード【D4mmQbb0】をご入力ください。月額利用料金が初月5%オフになります(2022年中に新規登録される方が対象です)。

一生分の機材を”今”手に入れる

まずは無料登録する

この記事を書いた人

目次
閉じる