1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. カメラ本体
  3. レンズキット
  4. FUJIFILMX-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]
X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]

FUJIFILM

X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]

必須

作例写真を見る

・X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]の主な特徴について

■運動体を写すのにこの上ないFUJIFILm X-T30
センサー内部の位相差画素数を216万画素に増加しており、さらに位相差AFエリアも画面全体およそ100%に拡大することで画面端の被写体も高速・高精度に捉えることができます。また、メカニカルシャッターには最速8.0コマ/秒の高速連射に加え、約1660万画素のフレームが表示される「スポーツファインダーモード」を新機能として搭載されております。これらの機能により、普段カメラに慣れていない方でもいざというときの大切な瞬間を美しく撮っていただくことができます。勿論カメラを使い慣れている方にも満足して撮影を楽しんでいただける性能となっております。

■思わず手にとりたくなるコンパクトで美しい設計
普段使いの鞄に入りやすい118.4mm(W)×82.8mm(H)×46.8mm(D)という小型、約383g(付属バッテリー、メモリーカード含む)という軽量です。女性の方にも持ちやすい設計になっており、どなたにも親しみやすい4世代カメラとなっております。また、フォルムがクラシックなフィルムカメラテイストで奥ゆかしい美しさで、普段のコーディネートで持ち歩いても様になる美しいデザインです。

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]のスペック

  • メーカー

    FUJIFILM

  • 商品カテゴリ

    レンズキット

  • 重量

    518g

  • 対応マウント

    Xマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • カメラストラップ
  • XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • ACアダプター
  • プラグアダプター
  • USB-Cケーブル
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]の作例

作例写真をもっと見る

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]の紹介動画

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]のレビュー ★★★★★ (2)

  • 小さい・軽い・色が良い。

    2020/08/24 ウチさん ★★★★☆

    フジフィルムは色再現が美しいので撮っていて楽しくなります。フィルムシミュレーションやエフェクトモードも色々試してみて、自分好みの色合いに調整もできるところも良いです。
    本体もレンズも小型・軽量で持ち歩くのに便利です。我が家の猫を撮る時も威圧感を与えずにすみますし、このレンズはかなり寄って撮影ができるので使いやすいです。
    AFは人間の瞳を認識して追従してくれます。猫の瞳はまだAFできませんが、小さいジョイスティックがあるので、シングルポイントでしっかり合焦できます。私は走り回っている猫を撮るわけではないので、X-T30で充分です。バシバシ連写したい場合は、上位機種のX-T3やT4の方がいいかもしれません。

  • 家族みんなで使えるお手軽カメラ!

    2020/03/10 yamoriさん ★★★★★

    オートレバーが秀逸です!
    カメラに慣れている人は各種設定をダイヤルで変更しながら撮影できますし、レバーをオートに切り替えればすぐに完全フルオートに変わります。
    カメラに慣れていない人に渡すときだけフルオートになるのはこの機種くらいなので家族みんなで使うカメラとしていいんじゃないかなと思います。
    写りは上位機と同じセンサーを積んでいるので大満足です。
    防滴防塵がないのは少し不満ですがその時にはX-T3に借り換えればいいかなと思っています。

FUJIFILM X-T30 15-45mmレンズキット [ブラック]のブログ記事

  • 撮影重量383g。富士フイルム「X-T30」で本郷、高円寺、 阿佐ヶ谷の梅雨明けをスナップ撮影

    この記事を読む >
  • FUJIFILm X-T30実写レビュー。携帯性そのままに上位モデルの性能を体感できる最新ミラーレス一眼

    この記事を読む >
  • 実写レビュー!フラッグシップの弟分「X-T30」はどこまで“兄”に迫れるか?

    この記事を読む >