1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. カメラ本体
  3. レンズキット
  4. NikonZ6 FTZ マウントアダプターキット
Z6 FTZ マウントアダプターキット

Nikon

Z6 FTZ マウントアダプターキット

Lv4パス月額17,800円1002種が入れ替えOK

Lv2パス月額9,800円779種が入れ替えOK

1Weekレンタルとは何ですか?
必須

作例写真を見る

・Z6 FTZ マウントアダプターキットの主な特徴について

■高画質と低ノイズを両立
Z6はオールラウンドモデルとして作られたミラーレスカメラで、CmOSセンサーの構造で、配線層の手前に受光部分がある点が特徴です。そのセンサーにはオートフォーカス画素も含まれていて、2450万画素の性能を持ちます。そこに高性能EXPEEDエンジンを組み合わせることで、高画質かつ低ノイズの仕上がりを実現します。

■Fレンズを活かすアダプター
ニコンには古くから数多くのレンズを世に出してきた歴史があり、その最も古いマウントはFタイプです。そして現代でも多種多様なFマウントレンズがあります。しかしZ6にはZマウントが使用されているため、当然そのままではFレンズを装着することは不可能です。そこで活躍するのがこのキットに含まれているFTZアダプターです。本体とレンズの仲介をすることでしっかりと固定し、Z6でもFマウントレンズの撮影ができるようになります。

■撮影をサポートする液晶モニター
レンズを装着した状態だと三脚を使用することも多いですが、固定される分ファインダーを覗いての撮影は難しくなります。Z6ではそんな時に、液晶モニターでの確認が可能です。そのモニターは2軸でチルト可動タイプなので、上下のアングルに柔軟に対応できます。

Nikon Z6 FTZ マウントアダプターキットのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    レンズキット

  • 重量

    585g

  • 対応マウント

    NikonZマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • USB-Cケーブル
  • XQDカード
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス
  • マウントアダプター FTZ

Nikon Z6 FTZ マウントアダプターキットの作例

作例写真をもっと見る

Nikon Z6 FTZ マウントアダプターキットの紹介動画

Nikon Z6 FTZ マウントアダプターキットのレビュー ★★★★★ (3)

  • 良い。

    2020/08/03 yuk21さん ★★★★★

    自分が使用していたD750より写りが良い意味でさっぱりしているような気がします。シャッターはとても軽く、EVFは秀逸です。

  • ファームVer2.0でさらに使いやすくなったミラーレスの決定版

    2019/06/27 masakuさん ★★★★★

    当方、山岳写真や山岳レース、その他パーティなどイベントなどの撮影で使用しています。
    ファームVer2.0で、「瞳AF」「マイナス6EVまでのAF」「AFAE追従での超高速連射」が機能追加され更に使いやすくなりました。

    ▼バッテリー
    こまめに電源を落とせば、低温下でも電池交換せずに300〜500枚程度は撮れます。
    *「持ち」に関係なく予備はあったほうず良いですが。

    ▼ダスト耐性
    あまりクローズアップされませんが、Nikonのカメラはダストクリーニングが非常に優れていると感じています。
    F13などに絞って撮るとき、EVFの中でもダストが見えることがありますが、
    メニュー内のセンサークリーニングまたは、ブロアーでの清掃でほぼ吹き飛びます。
    OLYMPUSほど優れているかは分かりませんが、ダストが付着して撮影に支障がでるような事態には今の所陥っていません。
    他社のミラーレスで現場で取り切れないダストに悩んだことがありますが、本機ではありません。

    ▼操作性
    非常に優れたエルゴノミクスです。持っていて疲れません。
    Z用の24-70 f/2.8Sとの組み合わせでも重さを感じません。
    ジョイスティックでAFポイントが移動可能なのが助かります。
    ただし、D5などのグリップ一体型機種のようにボタンだけでほぼ全てのパラメータ変更できるわけではないので、
    AF方式やISO感度を頻繁に変更するような撮影ではそれらのマシンのほうが有利かも知れません。
    また、賛否両論あったXQDシングルスロットですが、データの紛失にあったことはないです。
    更に、XQD自体が高速なためPCへの取り込みが早く、後工程でのストレスが少し減ります。
    XQDにしたのは、地味に英断だと思います。

    ▼画質
    高感度のISO耐性は強いです。低感度も優れています。
    新しい画像処理エンジンは、立体感のあるJpegを生成してくれます。
    Rawの現像耐性も優れていると思います。

    ▼EVF
    非常に見やすいです。昼間の撮影ではガラスペンタプリズムファインダーとほぼ互角かなと思います。
    夜間や夜景の撮影では、EVFが自動的にゲインアップしてしまい適正露出が得られないので、
    マイナスに露出補正を振る必要があります。
    ここが本機のひとつのウイークポイントです。

    ▼AF
    静的な被写体に対しては、夜明け前の山など眼視できないような被写体に対してもAFを決めてくれます。
    パーティーでの動く人物の撮影では、ほぼ遅延なく瞳AFが決まりまくります。
    人物から少し離れると「顔」を認識し、近づくと「瞳」でAFが合うのは優れた仕様と感じました。

    ▼MF
    何度か星景写真にトライしてみたのですが、Z用レンズでどうしても点像を丸くすることが出来ませんでした。
    MFにすると液晶下部にフォーカスインジケーターが出るのですが、それを無限遠に合わせても点像にならないので、
    どのような仕様なのか知りたいです。

    ▼マウントアダプターFTZ
    物理的設計にミスがあるようで、FTZを装着するとクイックシューを本体につけられないのでそこが不満です。
    レンズの動作についてはGタイプ/Eタイプのレンズで、ネイティヴのZレンズと同様に問題なく動作します。

    ▼総じて
    静的な被写体はAF-S、人物はAF-Cの顔認識でほぼピントを外しません。
    色々と書きましたが、この2つのAFモードで夜間も使用できるフルオート一眼カメラだと感じました。

  • 思ったよりも初心者向きかも!

    2018/11/30 フィルムの色が好きさん ★★★★★

    もともとフィルムのナチュラルな画づくりが好きであまりデジタルに興味がなかったけど、初期で入っているCreativePictureControlが意外とフィルムっぽい色づくりで急に欲しくなった。。。

Nikon Z6 FTZ マウントアダプターキットのブログ記事

  • 【ニコンZ6レビュー】24-70+FTZマウントアダプターキットを購入! 開封・付属品・外観レビューを徹底紹介

    この記事を読む >