LUMIX DMC-G6 ダブルレンズキット

Panasonic

LUMIX DMC-G6 ダブルレンズキット

LITEプランは月額5,800円で
対象機材213種借り放題

必須

【セット内容】
・LUMIX DMC-G6 ボディ
・LUMIX G 12.5mm/F12 H-FT012
・LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS014045

ボディの説明
・高い解像度と新開発ヴィーナスエンジン、二次元ノイズリダクション
立体感のある美しい描写が可能で、1605万画素の画質の細かさが高画質の撮影を可能にするだけではなく、高感度において生じやすいノイズを最大限に抑えることが可能です。また、ノイズをできるだけ最小限に抑えるためにノイズの質感を操作をすることができます。このことについては、高画質処理と高層画像処理を効率よく行うことができる「新開発ヴィーナスエンジン」という機能が存在することによって可能にしています。さらに、「二次元ノイズリダクション」によってノイズをうまく削減することを可能にしております。
動画の撮影をすることができ、ただの動画撮影にはとどまらない高画質の撮影を可能にしております。さらに、映像をより滑らかに仕上げていくために、60pのAVCHDによって細かな人物の表情や動きまできれいに撮ることが可能ですので、スポーツイベントなどにおいても機能性の高いパフォーマンスを発揮することができます。また、スマートフォンやパソコンなどと互換性があるMp4 形式のファイルを作成することが可能であることから、カメラ本体に保存されている動画をスムーズにスマートフォンなどの端末に落とし込むことが可能なので、いつでも素晴らしい動画を共有することができます。
・連写性能と優れたAF
連写性能では、高画質では、最大で7コマ毎秒の連写をすることができることから、貴重な瞬間を逃さずに撮影をする事が可能です。また、それだけではなく、AF追従では5コマ毎秒の連写性能によって撮影したい人物や物体などが動き回っているような場合においても動くものに合わせてピントを合わせ続けることから、絶対に取り忘れることが許されない場面での撮影に大変適しています。
・約105万ドットのタッチパネル搭載
およそ105万ドットのタッチパネルが搭載されていることで、いつでも簡単な直観操作を可能にするだけではなく、ファインダーを覗き込みながらタッチパネルを押してピントの調整をすることができるので、目がファインダーに集中している場合にも難なく撮影が可能です。モニターは可動式であるため、ローアングルののようま撮影しづらい場所でも見やすい位置に傾けることができます。
写真を共有したい場合には、Wi-Fiに対応していることによって撮った写真を携帯やパソコンなどに転送をすることができます。SNSに写真を投稿したい場合や、旅行で今の状態を報告したい場合にも、その場でタッチパネルを押すだけで誰でも簡単に写真を転送することが可能です。




レンズ(12.5mm/F12 H-FT012)の説明
・世界で初めて3D撮影を可能にしたデジタルカメラ用交換レンズ
この製品の大きな特長となっているのが3D撮影が可能であるということです。2010年当時としては世界初のことであり、先鋭的な製品であることが分かります。人間の目と同じように左右のレンズで同時に見ることが出来るので3D画像として映ります。それだけでなく、光学技術や画像処理技術及び鏡筒設計技術によって、小型化や軽量化を実現しています。カメラを屋外で使用することは想定されることであるため、軽いということは大きなメリットになります。撮影水晶距離は0.6mとなっており、こういったレンズとしては比較的近距離での撮影も適しています。

・2眼構成のレンズで左右画像を同時に撮影
左右画像を同時に撮影することで3D撮影が可能となっています。人間の目は左右に2つ付いていることで見るものを立体的に見えやすくしています。それと同じようにレンズを2つ配置することで3Dの状態で撮影するのがこの製品の特長です。他にも立体的な画像を生み出す方法はありますが、カメラを用いた方法の中ではこの方法が手っ取り早く、精度も高いとされています。

・レンズ構成は3群4枚
構成は3群4枚となっているため、この手の製品の中では少ないというイメージもあるかもしれません。確かに2桁だいの構成になっている製品も珍しくなく、3群4枚というのは少なめなようにも思えます。しかし、この製品の場合はレンズ自体が2セット付いているので実質的にはこの数字の倍ほどの構成になっていると考えることが出来ます。マイクロフォーサーズマウント、金属マウントになっているところもこの製品の特長です。絞り形式は固定式となっています。

・3D撮影とは
3Dとはどんな撮影だと思われますか。どんなカメラ、どんなレンズを使用したとしても3Dに画像は見えます。これはその通りで人間の目は人や物を立体的に観ることができるので、写真においてもその力は発揮されます。このレンズの場合は人間の目に頼らなくても3Dの写真を生み出すことが出来る仕組みになっています。一般的には時間差での撮影を行い、3Dの写真を作るという技術が存在します。しかし、この技術では素早く動く被写体を立体的に撮影することが難しかったため、スポーツなどの撮影には向かないケースもありました。この製品の場合はレンズ自体は2セット用意されているので立体的に写真を撮りやすくなっています。


レンズ(14-45mm/F3.5-5.6 ASPH.)の説明
・広角では35mm判換算では28mmの範囲からズーム比率では約3倍の焦点領域
幅広い使用法が可能になっている優れたレンズであるという事ができます。想定され得る場面としては、広角レンズならではの広い風景撮影をする事ができ、迫力のある撮影をすることが可能になっています。この場合にはまるで、撮影者側が見ていた視点を一緒に観察しているような臨場感のある写真を見る事が出来るでしょう。また、ペットや子供などの撮影にも向いているので、動き回っている場合でも問題なくストレスフリーな撮影ができます。

・撮影できる範囲は幅広い
例えば、ポートレート撮影では、被写体が人物の場合にはその表情を細かく表現する事が可能になるだけではなく、質感などの細部でも描写をする事が出来ると言えます。さらに、街角で撮影をする場合では、主役が人間やものである場合にはそこにフォーカスをするということから、風景だけにスポットを与えておきたいというような場合では風景を細かい部分まではっきりと撮影する事が可能になるので、特に旅行者などにはポートレートと風景の両方を撮影する機会が多く想定されるので、便利な機能です。
望遠時の撮影では、どうしても手ブレが起こりやすくなってしまうと言えます。本製品では、「MEGA O.I.S」と呼ばれている光学式の手振れ補正機能を搭載しておりますので、ジャイロセンサーが毎秒4000回の振動を検出することを補正精度を高めることが可能になる独自のアルゴリズムによって可能にしておりますので、問題なく手持ちの状態でも撮影を簡単に行う事が出来ると言えるでしょう。また、意図通りの撮影をするためにカメラの本体ではなく、レンズの内部に手振れ補正機能を搭載している事でファインダーを覗かない場合でも、モニターを見ることで全体の構図を確認する事が出来るので大変便利な機能です。

・9群12枚から構成されるレンズの層の一部に非球面レンズを採用
このような仕組みによって、球面収差や歪曲収差などの各種収差を改善することができるので、クリアな色の濁りが見られない美しい写真を撮影することができるので、細部まで細かく描写したい場合には最適なレンズであると言えるでしょう。また、美しいボケ味を引き出すために円形虹彩絞りを採用することで、イルミネーションをバックに被写体を撮影する際には効果的です。

Panasonic LUMIX DMC-G6 ダブルレンズキットのスペック

  • メーカー

    Panasonic

  • 商品カテゴリ

    カメラレンズセット

Panasonic LUMIX DMC-G6 ダブルレンズキットのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)