OLYMPUS OM-D E-M1 17mm F2.8 [ブラック] レンズキット

OLYMPUS

OLYMPUS OM-D E-M1 17mm F2.8 [ブラック] レンズキット

LITEプランは月額5,800円で
対象機材221種借り放題

必須

【セット内容】
・OLYMPUS OM-D E-M1 ボディ
・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8 [ブラック]


ボディの説明
【人気のデザイン】
ダイヤルはアルミ削りだしのように、質感と感触に優れています。画質についてはE-M10等と大差はありませんが、センサーサイズもほぼ同じです。画像処理エンジンも同じ感じで、画素数や手ブレ補正機能についても殆ど変わりがないと言えます。その結果として画像そのものに、大差を感じないのが本音だと言えます。大差がないということは、他モデルを使い慣れているユーザーにとって安定感がある証拠です。

【抜群の操作性】
操作性に関してはエントリー機と大きな差があるわけです。2つのダイヤルが前後に配置されており、ボタンが多く機能力のカスタマイズが行なえます。はじめのうちは戸惑うこともありますが、慣れるにしたがった快適な操作が行なえます。何よりも電源スイッチを入れるのが簡単で、E-M10 のようなストレスがないのが魅力の一つです。電源スイッチには連写モード切り替えボタンが隣接しており、撮影条件に応じて素早く切り替えられるのも大きな評価ポイントです。バッテリーの持ちに関しては、ミラーレスであれば十分な容量だと言えます。特にシンクロ手ブレ補正が電力を消費するわけです。

【アフターフォローの良さ】
携帯性に関しては上級機を考慮すると、驚くべきコンパクトさが実現されています。機能性に関しても様々な追加機能があり、圧倒的なアフターフォローが行われています。対応レンズは必要となりますが、深度合成機能などを利用することも可能となります。改善点としては高速連写モードでないと、位相差AFが動作しない点です。液晶ディスプレイに関しては、全く問題がないと言えます。ホールド感については、実際に握ってみると良さが実感できます。手に持ったときに馴染むグリップで、ユーザーのことを良く考えて設計されているわけです。


【総評】
前モデルのフラッグシップモデルが、現在中古市場で入手できます。現行機種のE-M1の価格が高いので、選択肢の一つになるわけです。実際に手に取ると物足りなさを感じるユーザーもいますが、低価格を考慮すれば納得するのが一般的です。SDスロットはシングルで、シャッターボタンの感触が良くないと感じる人もいます。そのような人でも値崩れした中古品であれば、受け入れることができるわけです。何よりファームウェアのアップデートにより、新機能が追加されているのが魅力です。アフターケアが充実している点が、同モデルの大きな評価ポイントだと言えます。



レンズ(17mm F2.8)の説明
「薄さ22mmのパンケーキレンズ、安価で高い描写性の撒き餌レンズ」
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8、焦点距離17mmの超広角レンズ。開放F値は2.8です。この製品は厚さ(全長)が僅か22mm、重量71グラムの小型軽量タイプ、こうしたレンズのことを通常パンケーキレンズと呼びます。さらに、税抜き価格が3万円の安価なもの、値段が安く高い描写性を持つことからも撒き餌レンズなどとも呼ばれており、持ち運びにも便利、気軽に撮影が出来るものを安く手に入れられる魅力を持っています。

・M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8の主な仕様
17mmの焦点距離は35mm判換算で34mm相当、フルサイズで使えばスナップショットにも最適な焦点距離になります。画質面においても近距離はシャープな像を結び、遠景では広範囲に像を捉えることが可能、絞り開放で使えばボケ味を活かした撮影が出来ます。パンケーキのように薄型タイプですからカメラに装着している、レンズだけをバッグに入れて持ち歩き、必要な時に交換する場合でも邪魔にならない大きさが最大の魅力です。最短撮影距離は20cm、かなり被写体に近寄り撮影が出来るため、料理の写真を撮影する時にも使える、ポートレート撮影にも使える、風景撮影も使えるなど、様々な場面で利用出来る魅力も持ちます。ブラックとシルバーの2色が用意されているため、ボディカラーに合わせて色を選ぶことも出来ますし、ボディとは別の色にして楽しむことも出来ます。

・マイクロフォーサーズ対応デジタルカメラに装着
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8はOLYMPUSのマイクロフォーサーズ規格マウントに装着出来る単焦点超広角レンズです。OLYMPUSが製造販売を行うデジタル一眼レフカメラの「E-P1」には、M.ZUIKO DIGITALの17mm F2.8がキットレンズになっており、カメラ初心者にも取り扱いが良いなどからも選択されています。ちなみに、M.ZUIKOの「M」はマイクロフォーサーズを意味します。

・安価なレンズでもM.ZUIKO DIGITALの品質を維持
非球面レンズを含む4群6枚のレンズ構成を持ち、レンズ表面はマルチコート処理を行い、ゴーストやフレアーを抑制しています。広い画角を確保するため、凹レンズを最前面に配置するなど、画質への拘りを持つレンズです。

OLYMPUS OLYMPUS OM-D E-M1 17mm F2.8 [ブラック] レンズキットのスペック

  • メーカー

    OLYMPUS

  • 商品カテゴリ

    レンズキット

OLYMPUS OLYMPUS OM-D E-M1 17mm F2.8 [ブラック] レンズキットのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)