X-T10 ダブルレンズキット

FUJIFILM

X-T10 ダブルレンズキット

必須

作例写真を見る

【セット内容】
FUJIFILM X-T10 ボディ
フジノンレンズ XF27mmF2.8 [ブラック]
フジノンレンズ XF50mmF2 R WR [ブラック]

ボディの説明
【懐かしいフォルム】購入のきっかけで多いのが、ミラーレス一眼レフを求めるものです。機種を選ぶ際にはFUJIの色に興味を持ったりします。年配者にとってはフィルムカメラのフォルムは、何処か懐かしい感じがします。そのため色の選択においても、当然のことながらシルバーに人気が集まっています。中には型が古臭いと感じるユーザーもいますが、ブラックの方を好むユーザーも少なくありません。APS-C機であるため、フルサイズ機に比べれば画質的に劣る面があります。

【コンパクト】当機はネットでの評判も良いモデルですが、実際には評判以上に優れたデジカメだということが分かります。撮影した写真を友達に見せれば、プロ並みの腕前と称賛されることも珍しくありません。FUJI独特の操作性がありますが、慣れてくれば操作に問題を感じることはなくなります。ダイヤルの数も多くなっていますが、これも慣れてくれば大丈夫です。バッテリーに関しては過剰に長く使わなければ、足りなくなる心配はありません。何よりも携帯性に優れており、小型で軽量タイプが魅力です。コンデジのX30などを追加購入したい気持ちがあっても、コンパクトさが十分なので問題ありません。

【機能性】使いこなせるまでには時間がかかりますが、フィルムシュミレーションの秀逸さには目を見張ります。但しフィルムシュミレーションを使用しなくても、綺麗な写真を撮影するには問題ありません。液晶の性能に関しては必要十分で、使い勝手の良さが魅力です。但し形状が小さめで軽量なので、ホールド感について物足りなさを感じることもあります。それゆえズームレンズを付けてしまうと、全体的なバランスが悪くなることがあります。とはいえ決してレンズ自体が重いわけではなく、それくらいボディの方が軽いわけです。それはキットレンズについても当てはまります。

【総評】形状が小さくて軽量という点はありますが、全体的には出てくる絵がどれも綺麗です。それゆえレンズとのバランスが悪くても全く気にならないわけです。投機を購入したユーザーの中には、上位機種のX-T1を望んでいたケースも少なくありません。但しX-T1は高額なため、X-T10を選択したわけです。一方FUJIは本気を出しており、フルサイズをオーバーする機種を発売しています。

レンズ(XF27mmF2.8)の説明
・最初の1本という位置づけで購入してくれればいいというレンズ
FUJIFILMのミラーレスカメラ用交換レンズになります。「パンケーキレンズ」という言葉をご存知でしょうか。俗にいう極端に厚みの薄い交換レンズのことをパンケーキレンズと呼びます。交換レンズ群のなかでも安価で購入することができます。フルサイズ41?に相当しますから、やや広角よりの標準レンズになります。

・持ち運びにも便利
普通の望遠はお出かけには邪魔になります。ミラーレス用ですが、持ち運べて軽量なので気軽にカバンの中におさまります。コンパクトでありながらきれいに写真が撮れます。ほどよい広角であり、F2.8という明るさなのもおきにいりになれるレンズです。

・単焦点レンズならではの足を使って創造性をたくましく
ミラーレスカメラを常にカバンにいれておきたいという方に重宝されています。単焦点ならではの離れてみたりくっついたりができ被写体に創造性を持って臨むことができるのです。コンパクトなので女性に特に評判がいいです。すべてにわたって軽量で使い勝手がいいと初心者でもすぐに慣れてしまえるところが気に入ってもらえているようです。

・人間の視野に近い画角なのでスナップはもちろんいろいろな場面で活躍
焦点距離が27?という人間の視野に最もあった仕様になっているので、人物・風景・建築などの様々なシーンで撮りやすさを感じさせてくれます。コンパクトにできており、薄いので特に人物撮影において威圧感を与えることなく自然の状態で写真を撮ることができます。高トルクのモーターで前群5枚を群として全体で繰り出すフォーカス方式を採用しています。繊細な操作が必要となるマニュアルフォーカスを行う時にも金属製なので、リングを廻すときの指先にかかる質感と過度のトルク感がマニアにも受けるレンズにできています。

初心者に最適な撮影が好きになるお気に入りのレンズ
どこにでもカメラを携えてでっけ用と言う人にとってコンパクトで軽量であることははずすことのできない条件です。FUJIFILMのフジノンレンズはこれをかなえてくれています。いつでもシャッター瞬間をとらえてカバンから取り出すことができる。そんな喜びをカメラ初心者にまず体感してもらえる製品になっています。

レンズ(XF50mmF2 R WR)の説明
・特徴
FUJIFILM「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」はスナップやポートレートを撮影するときに最も適している中望遠レンズです。絞り値は明るく開放的なF2.0となっていて、焦点距離は35mmフィルム換算で76mmに相当し、豊かなぼかし具合を実現出来ます。スタイリッシュで200gと軽くコンパクトなデザインで高速のオートフォーカスが可能になっているので、軽快に撮影することを楽しむことが可能です。

・非常に高い解像性能
FUJIFILM「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」は、独自に開発したX-TransTMCMOSセンサーが持っている性能を最大限に引き出して解像性能を高めている中望遠レンズです。X-TransはFUJIFILMが独自に開発した非周期性が高いカラーフィルター配列によって、光学ローパスフィルターを使わなくても偽色やモアレの生じないようにように抑制してくれます。1枚のED非球面レンズが含まれている9枚を7群に分けた構成になっている光学設計によって軽量化と小型化を実現しているのです。

・静かでスピーディなオートフォーカスが出来る
割合大きなレンズが配置されている前の方はあまり動かさず、割合小さなレンズが配置されている後ろや中間の方を動かすインナーフォーカス方式と呼ばれる方式で電気パルス信号によって特定の角度でだけ回転するステッピングモーター駆動によって精度の高い位置決めが出来るのでスピーディで静かなオートフォーカスを実現しています。

・外装
金属製のパーツが「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」の外装の全面に使われていて、スタイリッシュで耐久性と高級感を兼ね備えているデザインを取り入れています。フォーカスリングや絞りリングの使い心地も追求されていて、快適に操作出来るように開発されているのです。その上に防滴性や防塵性があり、マイナス10度の低温の環境にも耐えられるタフさもあり、アウトドアなど様々な撮影のシチュエーションで利用することが出来ます。

FUJIFILM「フジノンレンズ XF50mmF2 R WR」は軽くてコンパクトなスタイリッシュレンズシリーズの1つとして提供されていて、ミラーレスデジタルカメラで撮影する楽しみをもっと広げてくれるのです。

FUJIFILM X-T10 ダブルレンズキットのスペック

  • メーカー

    FUJIFILM

  • 商品カテゴリ

    レンズキット

  • 重量

    659g

  • 対応マウント

    Xマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • カメラストラップ
  • 電源ケーブル
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス
  • 1 NIKKOR VR 30-110mm f/3.8-5.6
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズポーチ
  • 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズポーチ

FUJIFILM X-T10 ダブルレンズキットの作例

作例写真をもっと見る

FUJIFILM X-T10 ダブルレンズキットのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)