X-H1 ボディ

FUJIFILM

X-H1 ボディ

Lv4パス月額17,800円935種が入れ替えOK

Lv2パス月額9,800円721種が入れ替えOK

1weekレンタルとは何ですか?
必須

作例写真を見る

・X-H1 ボディの主な特徴について


【画質】ISO感度は低めであり、絞り気味で撮影しても殆ど手振れする事はありません。従来とは違った作例が可能になるので、写真を撮る楽しみが広がります。

【操作性】露出ボタンがないので操作性に不安を感じることもありますが、それは時間が解決してくれるものです。当然のことながらISO感度の設定は、X-Pro2よりも操作性が優れています。但しドライブ設定に関しては2の方が簡単で、右手一本で行うことが可能です。バッテリーは純正なら長持ちします。携帯性についてはメッセンジャーバッグに入るので、持ち運ぶ際に便利です。それでも付属のアイカップは出っ張ってしまうので注意が必要になります。携帯時には重量感を実感しますが、撮影時にはグリップが利くので、重さが気になりません。

【機能性】ボディ内の手振れ補正をはじめ、フェザータッチシャッターやグリップなど総合力の高さで、上位にランクされるモデルです。それまではISO1600や3200に上げなければならない場合でも、ISO800固定のまま撮影できるわけです。X-Pro2とはまた違う感じのフェザータッチシャッターも魅力です。静けさが要求されるシーンでも対応でき、周囲の環境にも影響を与えることがありません。ファインダーの性能はFUJIの中でもトップクラスに位置しており、基本的にはファインダーを覗いて撮影することになります。当機はホールド感も優れており、別売りのハンドグリップを購入する必要がありません。

【総評】手振れ補正がないモデルとの組み合わせ撮影では、ISO感度が低めでも良い写真を撮ることができます。それゆえ総合力の高さで言えば当機はおすすめのデジカメの1つです。特にXF16-55などを持っているユーザーには積極的に推奨されます。JPEG画像の美しさは抜群で、レンズがコンパクト仕様なのも魅力です。口コミの中には単なる旅行写真を貼っているケースもありますが、作例としては無加工なものが良いと言えます。

FUJIFILM X-H1 ボディのスペック

  • メーカー

    FUJIFILM

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    623g

  • 対応マウント

    Xマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディーキャップ
  • ショルダーストラップ
  • バッテリーチャージャー
  • 電源コード
  • クリップオンフラッシュ

FUJIFILM X-H1 ボディの作例

作例写真をもっと見る

FUJIFILM X-H1 ボディの紹介動画

FUJIFILM X-H1 ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)