LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

Panasonic

LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400

Lv2パスは月額9,800円で
対象機材496種借り放題

必須

【操作性】当機のオーナーの中には、初期ロットを購入しているケースが少なくありません。初期ロットではズームリングが適度な重さですが、望遠端になるほど重くなるわけです。それゆえ動画撮影中にゆっくり回そうとすれば、動きに滑らかさが失われる傾向があります。そのため動画で使用するには、かなり厳しいものがあるわけです。一方で新たに買い直してみると、100-400ミリまでは重さが均一になってます。それでも動画撮影に向かいない点は同じであり、さらなる軽量化が待たれているわけです。それでもフォーカスリングにおいては、初期ロットから改善されています。

【表現力】250ミリ付近までは、開放でも切れのある描写が可能です。ただし250ミリ以上となると、開放に関しては鋭さが失われてきます。F8までは絞ったほうが良いと感じますが、手ブレ補正が脆弱なので限度があるわけです。そのため当機のオーナーには、オリンパス300ミリF4PROを新たに購入するケースもあるわけです。ズームと単焦点の違いはありますが、その点を差し引いたとしても移りに関しては格が違います。当機の携帯性に関しては、超望遠ズームをコンパクトにした感じです。携帯性に優れており、重量1キロ以下が実現されています。

【機能性】手ブレ補正の機能に問題あるので、オーナーの中にはレンズの手ブレ補正能力をテストする場合もあります。最大限に慎重にシャッターを切ったとしても、補正能力が3段分になる結果が報告されています。オリンパスの300ミリF4よりも、手ブレ補正が弱いという意見もあります。それでも使い方によっては、GH5より1段分くらいは成功率がアップしています。G9との組み合わせが推奨されており、評価もアップするわけです。ユーザーの中には屋内使用では、G9との組み合わせでしか使用しない人もいるわけです。そのような人はポップスのコンサートなどで使っています。

【総評】操作性は微妙に硬いので、ピタリと合わせにくい傾向があります。ピントリングは比較的にスムーズで、拡大表示も快適に使えます。表現力に関してはテレ端がシビアで、ブレを抑えてピントを追い込む必要があります。そうしないと絵がぼんやりするからです。これは超望遠の宿命でもありますが、G9の性格なAF性能に助けられることになります。引き締まった解像にはなりませんが、繊細な描写と自然な発色は楽しむことが可能です。また、柔らかなボケ演出も堪能することができ、目視で小さく見えてもファインダー越しには大きく写ることになります。

Panasonic LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400のスペック

  • メーカー

    Panasonic

  • 商品カテゴリ

    望遠ズームレンズ

  • レンズタイプ

    望遠ズーム

  • 焦点距離

    100 〜 400mm

  • 最大径x長さ

    83x171.5mm

  • 重量

    985g

  • 対応マウント

    マイクロフォーサーズ

Panasonic LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400の作例

作例写真をもっと見る

Panasonic LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400の紹介動画

Panasonic LEICA DG VARIO-ELMAR 100-400mm/F4.0-6.3 ASPH./POWER O.I.S. H-RS100400のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

もっと見る