Nikon 1 J5 ボディ

Nikon

Nikon 1 J5 ボディ

必須

作例写真を見る

・Nikon 1 J5 ボディの主な特徴について

■美しい「ぼけ」表現と高画質を実現
Nikon 1 J5は「美しいぼけをすべての人に」をコンセプトに、単焦点レンズにより美しいぼけ味を描き出します。Nikon 1初の裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、光を効率的に取り込み暗い場所でも鮮鋭な画像を撮影できる他、有効画素数は2081万画素となりISO12800までノイズを抑えることに成功しました。従来の機種では光路上に配線層がありフォトダイオードに光が届き難い構造でしたが、裏面照射型ならば配線層とフォトダイオードの配置が逆転しているので光が届きやすい構造となっています。高解像度であることから写真の一部をトリミングしたり拡大しても高画質な画像を保つことができます。

■新画像処理エンジンで高速撮影と高画質を実現
高画質な画像をスピーディーに撮影するために膨大な量の画像データを高速処理できる新画像処理エンジンのEXPEED 5Aを採用し、静止画の高速連写が行えるのはもちろんのこと4K動画の撮影にも対応しています。

■暗い場所でもノイズを低減するノイズリダクション機能
ISO感度設定6400や12800などの高感度撮影の際には高速連写した画像を合成してノイズを低減することができます。さらに被写体が動いている部分はこの合成が行われないので、美しくシャープな仕上がりになります。

■難しい設定も簡単に行えるオートモード
オートモードを使用すれば撮影シーンや被写体をカメラが判断してポートレート、風景、夜景、クローズアップなどの各種モードを自動的に最適なセッティングに設定してくれるので、初心者の方でも難しい設定を行わずに手軽に高画質な撮影が可能です。また、顔認識を搭載しカメラが自動的に被写体の顔を追いかけてピントを合わせ続けてくれます。最大で5人を認識し最も近い人物には枠を表示して示すのに加えて、フォーカス、露出、ホワイトバランスなどカメラから最も近い顔に合わせて自動調整が行われるのも便利です。

■暗闇を検知して自動でポップアップする内蔵フラッシュ
オートモードやクリエイティブモードに設定した状態で暗い場所や逆光のシーンで使用すると自動検知して内蔵のi-TTL調光対応のフラッシュがポップアップし撮影をサポートします。また、アクティブD-ライティングにより明暗差を調整してくれるので、光の明暗差が激しいシーンでも白とびや黒つぶれを防いで見た目に近い明るさで撮影することも可能です。

Nikon Nikon 1 J5 ボディのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    231g

  • 対応マウント

    Nikon1マウント

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ

Nikon Nikon 1 J5 ボディの作例

作例写真をもっと見る

Nikon Nikon 1 J5 ボディの紹介動画

Nikon Nikon 1 J5 ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)