Nikon

D500 ボディ

Rank2

(2件)
  • Lv2パス以上のご契約で
  • ¥9,800/月〜
  • 823種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

機材のスペック

機材の特徴

・D500 ボディの主な特徴について

■広域・高密度の153点AFシステム搭載
位相差AFには、D5と同じマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを採用。153点(選択可能ポイント55点)のフォーカスポイントが撮像範囲を極めて広く高密度にカバーし、このうち99点をクロスセンサーとして、中央部と周辺部に効率よく配置しています。これにより、画面周辺の被写体も捉えやすく構図の自由度が拡大。また、小さな被写体はもとより、全体にコントラストが低い被写体も的確に検出し、より高精度にピント合わせが可能です。シングルポイントAFは、狙った位置にピント合わせを実行。ダイナミックAF、グループエリアAF、3D-トラッキング、オートエリアAFは、多点化したフォーカスポイントで各AF領域をより高密度にカバーして被写体を捉え、高いAF追従性能を発揮します。

■撮影領域を拡げる−4 EVまでの低輝度対応
新開発のマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールは、低ノイズを追求して中央のフォーカスポイントで−4 EV、その他のフォーカスポイントすべてで−3 EV※対応を達成。低輝度下やコントラストの低い被写体でも、AFが可能。最高常用感度ISO 51200の高感度性能、拡張した測光の低輝度限界性能と相まって、撮影領域をさらに拡げます。

■約10コマ/秒で、14ビットロスレス圧縮RAWでも200コマまで継続可能な高速連続撮影が実現
D500は撮像素子の高速読み出し、新画像処理エンジンEXPEED 5の高い処理能力、刷新したミラーシーケンスにより、約10コマ/秒の高速連続撮影が可能。レリーズタイムラグ約0.050秒という高速レスポンスと相まって、決定的な瞬間をより確実に捉えます。さらに、バッファーメモリーの大容量化などにより、JPEGだけでなく、14ビット記録のロスレス圧縮RAWでも200コマまで連続撮影可能。最高の一瞬をより確実に捉えます。

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • ACアダプター
  • カメラストラップ
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス

紹介動画

レビュー(2件)

  • 被写体を選ぶが高いやすい。

    運動会とか、動きものにはめっぽう強いし、使いやすいです。
    ただ、色味がオートだとどうしても変な感じになるので、ケルビンで撮るとか、後から直すの前提で使った方がいいと思います。動きのないポートレートとか、色味がガンガン変わるようなところでの撮影には向かないと思います。そういう被写体には同じLv2で借りられるのD750のがオススメです。

    2020/11/10 フリーランスカメさん ★★★★☆

  • d850の前に

    ボタンの位置などがd850と同じなので入門機から一つ段階を踏むのに丁度いい機体、APS-Cの機体の中ではかなり高性能で堅牢。
    ただNikonのボタンの位置が私的にはd750の配置のほうが好みで使いやすい。

    2019/08/02 Nikon兄さん ★★★★☆

関連記事