D750 ボディ

Nikon

D750 ボディ

Lv2パスは月額9,800円で
対象機材527種借り放題

必須

作例写真を見る

【画質】文句なしの高画質が魅力で、夜景などでは高感度ノイズ耐性を満喫できます。操作性は使いやすく、バッテリーはバシバシ撮りまくっても大丈夫です。バッテリーは一つで何時間も持ちますが、動画ではある程度の消費を覚悟する必要があります。携帯性はフルサイズの割には抜群で、大きさといい重さといい驚きを隠せません。それでもミラーレスが台頭してきたことで、小回りについては相当なものとなります。とはいえフルサイズでありながら、これだけのモデルはなかなか見つかりません。

【機能性】当モデルで4Kは撮影できませんが、センサーそのものは抜群です。それゆえフルハイビジョンでも綺麗な画像が撮れるわけです。液晶はチルト式となっており、シーンに応じて大いに役に立ちます。ホールド感はかなり握ることができ、当機の最大のポイントとも言ってよいほどです。設計の段階からグリップに重きを置いており、ニコンの意気込みが感じられます。総じて言えばニコンFマウントで、D850でなくても良いから高画質で握りやすいものを求めるとこれになります。

【シャッター音】モノクロモードでJEPGとRAW撮影すれば、モノクロとカラーの同時記録が可能です。但し何枚も撮影すると、RAW現像が面倒になります。マニュアル露出でのJPEG撮って出しがおすすめのスタイルで、JPEGとRAWではだいぶ重くなるわけです。シャッター音に関しては感覚的にどうしようもないので、その音を好きになれるかどうかにかかってきます。ユーザーによってはD200のシャッター音の方を好むこともあります。そのため中古でD200を購入して、新品のD750を手放す現象が起こっているわけです。何よりも持つ喜びを感じることが大事です。

【総評】当機は形状が小さく、アイピースが取れることも多いものです。ストラップで斜めがけすると、落下することがあります。一方当機をベストチョイスとするユーザーも少なくなく、その中には初めてカメラを購入したケースもあります。子供の成長などを記録するために、専用で購入しているわけです。性格的にランクの高い製品を求める人が、当機の愛用者として多いのも特徴です。そのようなパパカメラマンに参考になるコメントだと言えます。

Nikon D750 ボディのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    一眼レフカメラ

  • 重量

    750g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ

Nikon D750 ボディの作例

作例写真をもっと見る

Nikon D750 ボディの紹介動画

Nikon D750 ボディのレビュー ★★★★★ (1)

  • フルサイズの割に軽量でバランスの取れたいい機体

    2019/08/02 nikon信者さん ★★★★★

    グリップの握りやすさと機体の使用感は一眼レフの中でもトップクラスだと思う。
    暗いところの撮影にも強く割と何でもできてしまう器用な機体だと思う。
    最近はミラーレスが多くなってきているがフルサイズ一眼ならではの、「写真を撮っている」という気持ちをとても感じられる。

もっと見る