AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

Nikon

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED

PREMIUMプランは月額17,800円で
対象機材546種借り放題

必須

・AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの読み方について
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは、Nikon製のデジタル一眼レフに装着することが出来る純正超広角ズームレンズです。AF-Sはオートフォーカスであると同時に、レンズ内に超音波モーターを内蔵していることを意味します。NIKKORはNikonが独自に開発を行ったレンズの総称でありブランドです。14-24mmは焦点距離を意味しており、14mmから24mmまでの可変が可能になる、f/2.8Gは開放値がF2.8で、レンズ本体に絞りリングの無いGタイプです。最後のEDは、色にじみやコントラスト低下の原因となりえる色収差を補正可能なEDレンズを採用していることを意味します。

・開放F値はF2.8の固定値
ズームレンズの中にはF2.8~F5.6などのように焦点距離が変化すると開放値が変化するタイプがありますが、AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDは明るい2.8の開放値が固定になっているのが特徴です。描写力に優れており、最大径が98mmの大口径レンズです。極めて高い光学性能を実現、撮像範囲の広いFXフォーマットにより、画面の隅々まで高い描写力を発揮してくれます。さらに、ナノクリスタルコートを採用することで、反射する光で起こるフレアやゴーストを低減するなどの特徴も持ちます。

・ピントの合わせはマニュアルとオートの2種類
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDはオートフォーカスで焦点を合わせることが出来ますが、焦点を合わせる時にはカメラのフォーカスモードをAF、レンズの設定モードをM/Aにセットします。M/Aにセットした場合にはマニュアル優先オードフォーカス撮影となり、M側にセットするとマニュアルフォーカス撮影(フォーカスエイドを可能)になります。尚、オートフォーカス撮影時にシャッターを半押したまま、もしくはカメラのAF作動ボタンを保持した状態で、レンズのフォーカスリングを手で回転させれば、瞬時にマニュアルフォーカス撮影が可能です。これはマニュアル優先オートフォーカス機能と呼ぶもので、このレンズの特徴の一つです。

・Nikonのレンズ技術が作り出した特殊低分散ガラス
AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDはEDガラスによる色収差の補正を行うと伴に、非球面レンズ・良好なボケ味を作り出せる円形絞りの採用が行われています。これらの技術は優れた光学性能および描写性能を向上させてくれます。

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    広角ズームレンズ

  • レンズタイプ

    広角ズーム

  • 焦点距離

    14 〜 24mm

  • 最大径x長さ

    98x131.5mm

  • 重量

    970g

  • 対応マウント

    NikonFマウント

  • フルサイズ対応

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの作例

作例写真をもっと見る

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDの紹介動画

Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)