AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

Nikon

AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VR

Lv2パス月額9,800円749種が入れ替えOK

必須

作例写真を見る

・Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの主な特徴について

■機能性
画角に関しては超広角域である107度から63度の標準的な広角域までもカバーすることが可能なズームレンズであるということが出来ます。そのため、短な物を迫力あるように撮影することが出来る事に加えて、細かい人間の表情から見ているだけでもその物体の質感が伝わってくるようなリアルな写真を撮影することが可能であるといえるでしょう。手持ちで広角撮影の可能性を広げていくための技術が盛りこまれています。例えば、夕焼けなどの薄暗い場所でも手ブレを気にすることなく綺麗に撮影をすることが出来るようなVR機構を搭載しております。

ED非球面レンズを採用していることから、色のにじみをきれいに解消することが出来ます。このような機能を有効活用することができる場面としては、太陽の日差しが強くなっている日には日差しの強さによって背景や被写体がうまく鮮明に写らないような場面がありますが、そのような問題にも対処することが出来るのがED非球面レンズを使用する利点であると言えます。さらに、ED非球面レンズに関しては、使用されている枚数がわずか1枚のため、レンズ自体の小型化にも貢献をすることが出来ております。また、ナノクリスタルコートをレンズの表面に採用することで、ゴーストやフレアを軽減できた鮮明な画質を作り上げる事が可能です。

本製品内にはニコンが独自に開発した超音波モーターが採用されております。このような超音波モーターによって僅かな音も立てないオートフォーカスを実現するkとおが出来るといえます。お子様の寝顔を静かに撮影したいとお考えの際にはこのような機能がある事で可能になります。スムーズにオートフォーカスをする事が出来るというような仕組みからスポーツなどの撮影ではここぞという絶好の機会をカメラに収める事が可能です。

このレンズには、「IF方式」と呼ばれている仕組みが採用されております。この仕組みでは、レンズが後部と前部と中間部分で成り立っている事が関係しており、この中間部のみを駆動させる事でピント合わせをするというような方式になります。このような機能を採用する事で、フォーカシングをして行く際の収差変動に関してはそれが減少する利点が考えられると共に、僅かな距離でのレンズ移動になりますので高速化を実現することができます。つまり、オートフォーカスが高速化するという事で、レンズ本体の操作性が上がるということにもなっているといえます。

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    広角ズームレンズ

  • レンズタイプ

    広角ズーム

  • 焦点距離

    16 〜 35mm

  • 最大径x長さ

    82.5x125mm

  • 重量

    680g

  • 対応マウント

    NikonFマウント

  • フルサイズ対応

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの作例

作例写真をもっと見る

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRの紹介動画

Nikon AF-S NIKKOR 16-35mm f/4G ED VRのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)