Nikon

NIKKOR Z 35mm f/1.8 S

Rank2

(0件)
必須

基本情報

機材の特徴

・Nikon NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sの主な特徴について

■描写力の高さを発揮してくれる新しい光学性能
口径が大きなマウントを取り入れたことによって大幅にレンズ設計が自由になったことを活用して新たな光学性能の機能を達成させています。解像度が高く綺麗なぼやけ具合で軸上色収差が抑えられていて点像再現性が高いというように、従来の開放F値が1.8の交換レンズとは異なる画質の高さを実現しているのです。

中でも解像度は2枚のEDレンズを組み込んだのに加えて、マルチフォーカス方式を取り入れて徹底的に軸上色収差を抑えて、近い距離の状態から非常に遠い距離に至るまで撮影する距離に関係なく結像性能の高さを実現させています。
広い景色を撮影する場合は細かいところまでシャープに映し出すのです。近い距離での人物の撮影はピントを合わせた距離でのシャープな被写体と背景のぼやけ具合とが相乗効果となり印象的に被写体が際立ちます。フレアやゴーストを抑制するナノクリスタルコートも導入しています。

■高画素のデジタルカメラにも対応する解像度の高さ
マルチフォーカス方式を取り入れることによって至近距離から遠い距離までの全ての領域で効果的に軸上色収差を補正してくれるのです。全ての距離において画素数が多いデジタルカメラにも対応出来る程の解像度の高さを実現しています。

■大口径の交換レンズによる自然なぼやけ具合
口径が大きな交換レンズ独自の柔らかな自然で綺麗なぼやけ具合で撮影することが可能です。フォーカスを合わせた面よりも前側がぼやける場合も、フォーカスを合わせた面よりも後側がぼやける場合も色合いを良好に抑制していて均質な形状となっています。中でも人物を撮影する場合は、開放F値が1.8である交換レンズならではの被写界深度の浅さを活用してピンポイントで瞳などにフォーカスを合わせたところがシャープな映し出されるのと相まって印象的に人物を際立たせることが可能です。

■軸上色収差を効果的に抑えて高い解像度が得られる
2枚のEDレンズを取り入れたことによって背景と被写体に輝度の違いがある場面で、開放絞りで撮影したときに色づき生じやすい状態を抑制し高い解像度の画像を得ることが出来ます。

■にじみが少なく心のある点像を再現することが可能
非球面レンズを3枚使って絞り開放でも効果的にフレアを抑えています。撮像範囲の全ての領域で色のにじみが非常に少なく崩れにくい芯のある点像を得ることが可能です。画面の端の方にまで綺麗な点像を再現した、くっきりした夜景を撮影することが出来ます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    ニコンZマウント

  • 開放F値

    1.8

  • フィルタサイズ(mm)

    62

  • 最大経(mm)

    73

  • 焦点距離(広角端)(m)

    35

  • 焦点距離(望遠端)(m)

    35

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.25

  • フォーカス

    AF/MF

  • フルサイズ対応

  • 防滴・防塵

関連記事