AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

Nikon

AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED

必須

作例写真を見る

・Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDの主な特徴について

■NikonのFマウント対応レンズです
AF-S NIKKORシリーズ、焦点距離24m・開放F値F1.8・EDレンズ搭載・絞りリングがないGタイプなどの特徴を持っています。AF-Sはオートフォーカスレンズであると同時に、超音波モーターを内蔵しているものです。FマウントはNikonのFXフォーマット対応レンズであり、レンズ画角は35mm判一眼レフカメラやFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ装着時には84度、DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ装着時には61度の画角になります。ちなみに、画角の数値は大きくなるほど撮像素子に映し出される範囲が広くなるのが特徴です。そのため、フルサイズやFXフォーマットのデジタル一眼レフカメラに装着すれば、24mmの超広角レンズ撮影が可能になるわけです。

■3つのフォーカス方式
このレンズにはリアフォーカス(RF)、オートフォーカス(AF)、マニュアルフォーカス(MF)の3種類のピント合わせが可能になっています。オートフォーカスモードでは超音波モーターによるピント合わせが可能で、AF-Sシリーズの超音波モーターは高速フォーカシングや適切なピント合わせ、さらに静音性に優れているなどの特徴があります。ちなみに、リアフォーカスはレンズ内部の後方レンズを移動させてフォーカシングを行う方式で、レンズ全長の変化がないなどの特徴を持っています。

■9群12枚のレンズ構成
本機はEDレンズおよび非球面レンズをそれぞれ2枚採用しており、色収差補正を可能にする特殊低分散ガラスを採用しています。非球面は片面もしくは両面に球面ではない曲面を持ちます。EDガラスにより色収差補正、非球面により球面収差やディストーション(歪曲収差)・コマ収差によるコマフレアを除去するなど、それぞれの収差を補正する機能が備わっています。さらに、ナノコーティング処理が施されているため、ゴースト・フレアを抑えたクリアーな画像を描写してくれます。

■オートフォーカス駆動用モーターについて
このレンズに搭載されているAF駆動用モーターは超音波モータ(SWM)と呼ぶものです。SWMは進行波を回転エネルギーに変換することでフォーカス光学系をコントロールするのが特徴で、静粛性に優れたフォーカシングを可能にします。他にも、7枚の円形絞り羽根や装着するカメラに対して、撮影距離情報を出力するなどの特徴もあります。

Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDのスペック

  • メーカー

    Nikon

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    24mm 〜

  • 最大径x長さ

    77.5x83mm

  • 重量

    355g

  • 対応マウント

    NikonFマウント

  • フルサイズ対応

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDの作例

作例写真をもっと見る

Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDの紹介動画

Nikon AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDのレビュー ★★★★☆ (1)

  • おすすめな広角レンズ!

    2020/07/12 まちさん ★★★★☆

    海外旅行に行った時に、広範囲の景色をとりたくて単焦点のレンズをレンタルしました。初心者にしては少し奮発しすぎかなと心配しましたが、広い範囲で綺麗な街角の夜景を綺麗に撮れるようになったので、写真を撮るのが楽しくなりました。