Nikon

AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜
  • Rank1の425種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

機材のスペック

機材の特徴

・Nikon AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRの主な特徴について

この製品の主な特徴の一つとしては、ズームリングがスムーズに回転するということで、滑らかなフォーカシングが可能になる事になるので、操作性の観点からみるとストレスフリーなレンズであるということができるでしょう。焦点距離は18mmから105mmとなっており、広角の撮影をすることができるだけではなく、中望遠に関しても良好な撮影を期待することができる製品として挙げることができます。オートフォーカスをしていく際には、静音性能に優れた機能が搭載されていることによって、静かに撮影をしたいような場面では特に最適なものであるといえます。

EDレンズを複数枚から構成されているレンズ層の中に含んでいることで、色収差や歪曲収差に関しては太陽の光に影響しないような性能を生み出すことができます。そのため、明るくて日差しが強い場所であっても、問題なくクリアで納得のいく写真を撮影することが可能になっております。周辺が暗くなってしまうような場面では、各種収差が問題になっていることが多いです。そのようなことから、本製品のEDレンズや非球面レンズを活用することでそのような問題を解消することができますので、折角訪れたシャッターチャンスを逃してしまうようなことはないでしょう。

手ブレ補正機能が光学設計の中に織り込まれております。この手ブレ補正機能が役立つ場面としては、お子様の運動会やスポーツイベントなどでは動き回る物体を確実にとらえる必要があり、正にそのような場面での使用が想定されるといえます。また、遠くのものを撮影するような場面では、手ブレの発生頻度が比較的に広角の場合よりは多くなる傾向にあります。しかし、本レンズを使用していくことでそのような心配をする必要もゼロに近くなるので、安心して撮影に専念をすることが可能になるといえるでしょう。

本レンズの最大の利点は何と言ってカバー範囲が広いということになります。そのようなカバー範囲の広さが大きいことで利点は様々な場面が想定されます。例えば、単純に身近なものだけを撮影する場合には広角レンズのみの機能のレンズを使用することで、解決できますが、他にも撮りたいものが遠くにあるのを見つけてしまった際には、対応不可能になってしまいます。そのよな場合には、カバー範囲が広い本製品を使用することで、どちらのタイプの被写体でも撮影をすることが可能です。また、レンズが1つで済むので持ち運びが便利です。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

関連記事