135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]

SIGMA

135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]

PREMIUMプランは月額17,800円で
対象機材546種借り放題

必須

ソニーEマウント用の交換レンズです。
SIGMAの135mm F1.8 DG HSMにはソニーEマウント用タイプも用意が行われています。ソニー製のデジタル一眼レフカメラはEマウントの他にAマウント方式もあるのでこちらの交換レンズを購入する時にはお持ちのカメラボディのマウント方式を調べておくことをお勧めします。マウントはボディとレンズの装着部の規格を意味するもので、Eマウントの場合はソニー製デジタル一眼レフカメラの製品名がILCEやNEXで始まるタイプです。主にミラーレス機に採用が行われているマウント規格、小型のデジタル一眼レフカメラになります。

中望遠領域をカバーする焦点距離です。
こちらの交換レンズの焦点距離は135mm、遠くにある被写体を写したい時に威力を発揮してくれます。しかも解放F値がF1.8の明るいレンズですからシャッター速度を優先して撮影ができるメリットもあります。135mmの中望遠レンズで遠くの被写体を捉えるとなると手振れが発生しやすくなりますが、解放F値が明るいレンズですから、高速シャッターを使って撮影すれば手持ち撮影時にも安心です。

レンズ構成について。
135mm F1.8 DG HSMのレンズ構成は10群13枚です。13枚のレンズの中でも4枚はSIGMAが独自に開発を行ったFLDガラスおよびSLDガラスがそれぞれ2枚ずつ採用されています。FLDガラスやSLDガラスは特殊低分散ガラスを意味しており、優れた描写性能を実現する効果を得ることができます。光は波長によりガラスの屈折率が異なりますので、色ごとに結像点がずれてしまう色収差が発生しやすくなります。特に望遠系のレンズはこれが現れやすくなるので画質の悪化にも繋がります。SIGMAは従来方式のレンズでは取り除くことが困難と言われた残存色収差を徹底的に排除するため、二次スペクトルの補正能力が高いとされる特殊低分散ガラスを採用、135mm F1.8 DG HSMにも4枚の特殊低分散ガラスが採用されており、写真品質向上に役立てられているわけです。

超音波モータ(HSM)搭載レンズです。
製品名の中にあるHSMは超音波モータを意味しており、HSMはHyper Sonic Motorの略語です。HSMはオートフォーカス動作の高速化や静粛性を実現する、オートフォーカスのアルゴリズムを最適化することでスムーズなフォーカシングを可能にしている技術です。また、このレンズにはフォーカスリングを回転させるとオートフォーカスからマニュアルフォーカスに切り替わる機構が搭載されています。これは新フルタイムマニュアル機構と呼ぶもので、素早いピント合わせができる魅力もあります。

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]のスペック

  • メーカー

    SIGMA

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    135mm 〜

  • 最大径x長さ

    91.4x140.9mm

  • 重量

    1230g

  • 対応マウント

    αEマウント

  • フルサイズ対応

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]の作例

作例写真をもっと見る

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]の紹介動画

SIGMA 135mm F1.8 DG HSM [ソニーE用]のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)