SIGMA

8-16mm F4.5-5.6 DC HSM (ニコン用)

Rank1

(0件)
必須

基本情報

機材の特徴

・SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM (ニコン用)の主な特徴について

■表現力を高める画角121.2°の超広角ズーム
広角ズームに強みを持つSIGMAは、1979年に初めてズームガンマレンズを発売します。その後も先進の技術を採り入れながら、常に新しい広角ズームレンズを開発し続けています。進化したレンズはAPS-Cサイズ一眼レフ用で、世界初の8mmからなるデジタル専用超広角ズームレンズです。35mm換算で12mmから24mmに相当する画角が実現します。

■画像のインパクトを強めるパースペクティブ
超広角レンズはパースペクティブが強烈、だから画像が与えるインパクトも大きなものです。通常の画角では得られない画作りが行えるので、背景が広がるように強調したり、被写体と背景の距離感を出すことも容易です。アイディア次第で、画角を使った表現が活かせますから、カメラの楽しみ方がより一段と深まります。

■描写性能を高めたハイレベルなレンズ構成
SIGMAはFLDガラスを4枚採用することで、超広角レンズに発生する倍率色収差を徹底補正しました。極限まで抑えられていますから、画面の端々に至るまで鮮明な画質が得られます。グラスモールド非球面レンズ2枚、ハイブリッド非球面レンズ1枚を組み合わせることによって、超広角レンズを更に高画質化しています。撮影距離による画質の低下も対策済みですから、思う存分ズーム撮影を楽しむことができます。

■高速で静粛性に優れるスピーディーなAF
優れた設計のレンズには、それに対応するAFの性能が必要なので、SIGMAはAFにもこだわりを見せています。SIGMAが選んだのは超音波モーターのHSMで、これまでのレンズを超えた動作スピードを実現しました。しかも静粛性を併せ持っていますから、静かで快適なピント合わせが味わえます。フォーカスリングで微調整が可能なので、手に馴染むAFの操作感がポイントとなっています。

■高機能なのに軽量で持ち運びにも便利なコンパクトサイズ
レンズの重量は555gと手軽で、サイズは全長でも105.7mmと邪魔にならない大きさです。カバンに入れても、カメラを手持ちしても持ち運びやすいサイズ感ですから、日常的に携帯したり、旅行の撮影目的でも持ち歩けます。撮影時には機動性を発揮するので、風景や建物といった被写体は勿論、動き回る生き物も鮮明に残すことが可能です。高画質・高機能性とそれらが詰まっているコンパクトサイズに加え、24cmの最短撮影距離も相まって、自由度の高い撮影が楽しめます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフロントキャップアダプター
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    ニコンFマウント

  • 開放F値

    4.5

  • 最大経(mm)

    75

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    8

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    16

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.24

  • フォーカス

    AF/MF

関連記事

PageTop