SIGMA

18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [ニコン用]

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の442種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM [ニコン用]の主な特徴について

■高倍率なのに高い描写性能をもつズームレンズ
使われているレンズは13群17枚で、そのうち4枚が蛍石と同等の性能を持つと言われるFLDガラス、1枚が特殊低分散技術のSLDガラス、非球面レンズを採用することで広域から望遠、マクロの撮影まで高い描写性能をズーム全域で実現しています。広角側で特に見られるディストーションも補正されていて中心から周辺まで均一な描写力があります。望遠側で目立つ倍率収差も補正されているので色再現性の高く、クリアで高画質な撮影が可能です。最高水準を目指して設計開発されたと言うコメントの通り目の肥えたユーザーも納得できる描写性能が備わっています。

■本格的なマクロ撮影ができるズームマクロ
料理やアクセサリ、花などのマクロ撮影をする機会が増えてきています。単純に思える接写ですが、ちょっとしたズームが欲しい時にレンズを交換する必要があるのがめんどうです。この交換レンズを使えばズームリングを回すだけで調整が可能なのでズームマクロのような使い方が可能です。レンズの鏡筒には各焦点距離での最大撮影可能倍率が表示されているので、映像素子に映る被写体の大きさの目安がわかります。また、近接撮影時に映り込みやすいレンズの表示も目立たなくする配慮が見られます。

■撮影時のブレを極力抑える手ブレ補正OS
撮影時のブレは映像の品質を著しく劣化させます。残念ながら気を使っていてもわずかなブレは発生します。型名にあるOSはOptical stabilizerの意味で、SIGMA独自の手ブレ補正機構が搭載されていること示しています。2つのセンサーが上下左右のブレを検出して光学系の一部を動かして補正を行います。光学式の補正なのでファインダーにも補正後の像が表示されます。高速で水平に移動するようなモータースポーツでの撮影でも、流し撮りによる上下のブレも補正することが可能です。

■新複合素材によって気温の変化にも対応
レンズの機構設計は、金属とポリカーボネートを材料として主要構造部に最適なレイアウトを行う必要があります。この交換レンズではアルミニウムと同等の熱収縮率を持ちながら温度による収縮が特に少ない上に高い硬度を持つ新複合素材を採用しています。熱収縮率が少ないので金属部品との親和性が高く、精度の高い製造が可能なことと温度の変化によって生じる変形も少ないことから厳しい環境条件での使用でも問題なく性能を発揮することが可能です。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    ニコンFマウント

  • 開放F値

    3.5

  • フィルタサイズ(mm)

    72

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    18

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    300

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.39

  • フォーカス

    AF

  • 手ブレ補正機構

関連記事

PageTop