1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. SIGMA
  3. 交換レンズ
  4. 単焦点レンズ
  5. 16mm F1.4 DC DN [マイクロフォーサーズ用]
SIGMA

16mm F1.4 DC DN [マイクロフォーサーズ用]

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の420種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

機材のスペック

機材の特徴

・SIGMA 16mm F1.4 DC DN [マイクロフォーサーズ用]の主な特徴について

■マイクロフォーサーズマウントは32mm相当の準広角・標準レンズとして利用可能です
SIGMAの16mm F1.4 DC DNにはマイクロフォーサーズマウントに最適化された交換レンズもあります。ミラーレスカメラの中でもコンパクト設計が行われているマイクロフォーサーズはバッグに入れて持ち歩くのにも便利なアイテムです。この便利な一眼レフカメラに取り付ければ35mm版換算時には32mm相当の準広角から標準領域をカバーするレンズとして利用することができます。

■大口径のレンズなので解放F値が明るい
SIGMAの16mm F1.4 DC DNの焦点距離は16mm、解放F値はF1.4です。フィルターサイズは67mmですが、最大径が72.2mmの大口経のレンズでもあり、レンズ構成枚数も13群16枚と贅沢な仕様になっています。16枚のレンズの中にはSIGMAの特殊低分散ガラスでもあるFLDガラスが3枚、SLDガラスが2枚使用されており、さらに非球面レンズが2枚採用されているなどの贅沢な設計が行われています。レンズ枚数が多いので重量も重くなりがちではありますが、こちらの交換レンズの重量は405gと軽量化を図っており、持ち歩く時でも邪魔になりません。

■DCやDNは何を意味するものなのかご存知ですか
レンズ品名の中にあるDCは、APS-Cサイズのカメラに使用できる交換レンズを意味しています。ちなみに、フルサイズでも装着は可能なのですが、フルサイズで装着した時には中心以外が暗くなるので注意が必要です。DNはミラーレスを意味しており、マイクロフォーサーズのミラーレスに最適化されたレンズであることがお分かりではないでしょうか。ちなみに、16mm F1.4 DC DNはコンテンポラリーのラインに分類が行われている交換レンズです。SIGMAは3つのラインに統合が行われているのが特徴で、他にもアーティスティックやスポーティなどがあります。コンテンポラリーはハイパフォーマンスラインに含まれるもので、最新のテクノロジーを投入し、高品質な光学性能、そして小型化の両立を図るなどの特徴を持ちます。

■高いパフォーマンスをコンテンポラリーです
この交換レンズをSIGMAの公式サイトで情報を入手すると、そこにはレンズ名だけでなく、コンテンポラリーの表記があるのを知ることができます。コンテンポラリーはショートフランジバックを採用している小型軽量なカメラボディに装着する時のバランスを考慮し、コンパクト化を実現しているものを意味します。動画の撮影時でも、快適なフォーカシングを実現するためにフォーカス群の設計が考慮されている、高画質を最優先にしているものの、小型化や快適な操作性を共に実現しているなどの特徴を持つシリーズです。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

関連記事