Loxia 2.8/21

CarlZeiss

Loxia 2.8/21

PREMIUMプランは月額17,800円で
対象機材592種借り放題

必須

デクリック機能でスムーズな絞り操作が出来る
このCarlZeissの交換レンズに搭載されている非常に新たな機能の1つに挙げられるのはバヨネット面に取り付けられている調整ねじと同梱されているツールとを利用して、絞りリングをデクリックするオプションが搭載されていることです。このデクリック機能によって、動画を撮影するときには撮影する人の意思でスムーズにカメラの絞りを操作することが可能で、クリックが残っているときに生じやすい段階的で不自然な露出を回避することが可能です。

正確に手作業でフォーカスを合わせることが出来る
交換レンズをマニュアルで操作するということは指先を使って結像結果を引き出すことを意味します。つまり全てを人間工学が決定することになるのです。CarlZeissの交換レンズであればピントを思い通りに合わせることが可能な回転角の大きさに満足することが期待出来ます。変更したことは直ぐにファインダーを覗き込むだけで確認することが可能です。

このレベルが高い焦点を調節する機構は、あそびがなくアクセスしやすいので直感的でシャープな操作を支援してくれます。またフィート単位だけでなくメートル単位でも正確に表示され、被写界深度の目盛りも手作業でのフォーカス合わせをサポートしてくれるのです。

光学構成によってひずみが適切に補正されます
CarlZeissの交換レンズは才能を感じさせるアングルとドラマティックな遠近感で画期的な造形方法を実現してくれます。ひずみがあると直線がゆがんでしまい構成を整える妨げになってしまうのです。そのような良くない影響は、充分に考慮された光学構成により、どのような距離にフォーカスを合わせても補正を適切に行ってくれます。

精度の高い研削により品位が高い金属製鏡筒
CarlZeissの交換レンズが長い期間に亘って利用されているのは確かな価値がある品質が理由の1つです。金属製鏡筒は精度の高い研削によって製造され、同じく絞り環と距離環とは十分にトルクがある金属製となっています。そして堅牢なフィルターネジと前枠バヨネットが優れた画像を撮影するのをサポートしてくれるのです。また特殊シーリングがバヨネット面に施されていて、レンズとカメラの間にある信号の接点をガードしています。

互換性に優れている
このCarlZeissの交換レンズは35ミリのフルフォーマット用のセンサーに対応しているのです。絞りに関しては前もってマニュアルで設定するので絞りリングの機械的なクリック感を解消することが出来ます。

CarlZeiss Loxia 2.8/21のスペック

  • メーカー

    CarlZeiss

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    21mm 〜

  • 最大径x長さ

    62.1x72mm

  • 重量

    394g

  • 対応マウント

    αEマウント

  • フルサイズ対応

CarlZeiss Loxia 2.8/21の作例

作例写真をもっと見る

CarlZeiss Loxia 2.8/21の紹介動画

CarlZeiss Loxia 2.8/21のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

CarlZeiss Loxia 2.8/21のブログ記事

もっと見る