Batis 2.8/18

CarlZeiss

Batis 2.8/18

PREMIUMプランは月額17,800円で
対象機材578種借り放題

必須

こちらの製品は、カールツァイスのBatisシリーズの一つです。すでに25mmの2/25と85mmサイズの1.8/85が発売されており、こちらが登場したことで超広角・広角・中望遠と3本が使いこなせるようになったのです。

2.8/18はDistagonタイプ10群11枚のレンズ構成となっています。特殊低分散ガラスや非球面レンズが採用されており、優れた解像力とコントラストが自慢です。レンズデータをボディ側と通信することで収差が補正され、Exif
情報を記録することもでき、最新設計の単焦点レンズなのです。

その見た目は大きく重たく見えるかもしれませんが、レンズの重量や330gです。実際に手にしてみると意外とかなり軽く感じることでしょう。そのため、山登りなど荷物の量が限られるような場面でも手軽に持っていくことができるのです。フィルター径は77mmで最短撮影距離は25Cmという仕様となっています。防塵防滴となっているので過酷な環境の元での撮影だってこなせます。良い相棒となってくれることでしょう。

ツァイスのレンズは独特で、見る人が見ればすぐに分かってもらえるでしょう。こちらの製品はAPS-Cミラーレスカメラ用の交換レンズシリーズであるTouitからの流れを汲む外観デザインとなっています。マウントの面から直線的に立ち上がった鏡筒がフォーカスリングに向けてゆるやかに広がって行き、指がかりの良いラバーが施されたフォーカスリングへと達します。そこから有機ELのディスプレイ付近から、まるで花びらが開くように一体化したフードに向かってカーブを描き、そして先端へとレンズのシェイプが到達するのです。この姿に惹かれて選ぶと言う方だって少なくはありません。

もちろん、使い勝手も良好です。と言っても操作するのはフォーカスリングだけです。MF時もDMF時も適度な接触感のあるラバー張りで確実にピントを合わせることが出来ます。トルク感も一定の重さがあるので、軽すぎて回りすぎるようなこともありません。AFはほぼ無音で高速になっています。精度もまずまずの良さで、安心してピントあわせが任せられるでしょう。

斬新な有機ELディスプレイを採用していますが、電源をオンにした時に一瞬ZEISSロゴが浮かび上がります。撮影時には合焦距離はもちろん、被写界深度も数字で表示されるので分かりやすくなっています。もしも被写体が2メートル以上遠ければ、カメラからの距離で、それよりも近ければ合焦したポイントからの距離で表示するのです。

CarlZeiss Batis 2.8/18のスペック

  • メーカー

    CarlZeiss

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    18mm 〜

  • 重量

    330g

  • 対応マウント

    αEマウント

  • フルサイズ対応

CarlZeiss Batis 2.8/18の作例

作例写真をもっと見る

CarlZeiss Batis 2.8/18のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

CarlZeiss Batis 2.8/18のブログ記事