M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]

OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]

Lv1パス月額5,800円380種が入れ替えOK

必須

作例写真を見る

「OLYMPUSのM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0の主な特徴」
M.ZUIKO DIGITALはOLYMPUSのレンズブランドの一つです。ED 12mm F2.0は、M.ZUIKO DIGITALに含まれるレンズで、焦点距離12mm・開放F値F2.0の超広角レンズです。フルサイズ対応可能で、35mm判換算では焦点距離が24mm相当になります。ED 12mm F2.0の画角は84度・8群11枚のレンズ構成・最小撮影距離は20cm・レンズの厚みは43mm・重量130g(フードやキャップは除く)などのスペックになります。小型軽量の超広角レンズ、カラーバリエーションはシルバータイプとブラックタイプの2種類が用意されています。

・ハイスピードイメージャAF(MSC機構)搭載でフォーカシングが高速&静音
ED 12mm F2.0に搭載されているオートフォーカス機構はMSC機構と呼ぶハイスピードイメージャAFです。MSC機構を搭載することで静止画はもちろん、動画もスムーズに撮影を行えるようになりますし、フォーカシングが高速であると同時に滑らかな動きをする、しかも動作時の音が気にならないなどの特徴もあります。

・小型化や高性能・高画質などを高い次元の中で実現
OLYMPUSの最先端光学技術により、ED 12mm F2.0は小型化や高性能、そして高画質などレンズに求められることを実現しています。ED 12mm F2.0には透過率が良いこと、今まで防止が難しいとされていた光の反射などが原因となりえるゴースト・フレアを徹底的には低減するなどの特徴を持ちます。ゴーストやフレアの提言はZEROコーティングと呼ぶ手法で、レンズ表面に施しており、逆光などのような悪条件の中でもクリアな描写性能を得ることが出来ます。

・フォーカスリングのスライドでスナップショットフォーカス
ED 12mm F2.0のフォーカスリングは回転だけでなく上下のスライドが可能です。レンズ先端側にスライドするとAF/MFモード、二つのモードはカメラ側で切り替えが出来ます。また、手前側にスライドするとスナップショットフォーカスモードになり、指定距離にフォーカス移動が出来ます。スナップフォーカスモードはスナップ撮影をより楽しむことが出来る便利なモードです。例えば、カメラのモードダイヤルをAFもしくはMFに合わせ、絞り値をF8.0・フォーカス位置を3mに設定すると、手前側から背景まで、ピントの合うパンフォーカス撮影が出来ます。

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]のスペック

  • メーカー

    OLYMPUS

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    12mm 〜

  • 最大径x長さ

    56x43mm

  • 重量

    130g

  • 対応マウント

    マイクロフォーサーズ

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]の作例

作例写真をもっと見る

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]の紹介動画

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0 [ブラック]のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)