OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の442種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macroの主な特徴について

このレンズは遠景から等倍までを鮮やかかつシャープに描写できるように作られています。合理的な内部レンズ配置によって、マクロ独特の欠点を補えるような仕様です。

■きれいな円形のボケ性能
マクロを撮影する際には、背景がきれいにボケることが理想です。このレンズでは開放時から光を十分に通すことで、全体的にきれいな円形のボケを生み出せるようになっています。エッジに色が付いてしまったり、二重になってくっきりとした輪郭が生まれてしまうことも防ぎます。

■操作性能・鏡胴は細めに作ってあるため、しっかりと保持することが可能です。その上でワンタッチ操作が可能なフォーカスリミットスイッチや距離・倍率を表すウィンドウで、全体的に快適な操作性能を誇っています。またOM-DやE-M5といったOLYMPUS製のカメラと組み合わせることで、マクロ撮影に付き物のシフトぶれも補正可能になります。フォーカスリミットスイッチは等倍・近接・ノーマル・遠景の4つに回転で合わせることが可能で、オートフォーカスの駆動範囲を制限してピントが合うのを早める作用も持っています。表示窓は鏡胴上部に設置してあり、領域全体が見えるのでピントの位置がわかりやすいです。

■ZEROコーティング・カメラ
独自のコーティングを表面に施すことにより、逆光のような悪条件でも透明感のある描写が可能になっています。また周辺が明るく中心部が暗い状況では、絞りの形をしたスポットフレアーがしばしば写り込みます。これも、ZEROコーティングとレンズの配置を工夫することで起こらないようにしています。

■MSC機構
このレンズには特殊なMSC機構というものが採用されています。少ないレンズ枚数で軽量化を実現し、高速でスムーズなピント合わせのために開発された光学設計技術です。動作音が起きないようにギアの使用を取りやめ、シャフトと送りねじに置き替えることで、素早さとなめらかさそして静かさを得ると同時に高い精度までも実現しています。それは静止画を撮影している時に留まらず、動画撮影の際のオートフォーカスの追従性向上にも役立つものです。

■防塵・防滴性能
リング状のシーリングが幾重にも施され、内部に物や滴が入らないようになっています。雨の中での撮影や、人があまり入らないような場所での撮影にも耐えられる全天候型です。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    マイクロフォーサーズマウント

  • 開放F値

    2.8

  • フィルタサイズ(mm)

    46

  • 最大経(mm)

    56

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    60

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    60

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.19

  • フォーカス

    AF/MF

  • 防滴・防塵

関連記事

PageTop