OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ [ブラック]

Rank1

(0件)
必須

機材のスペック

機材の特徴

・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ [ブラック]の主な特徴について

■ワイド撮影からポートレート撮影まで幅広く使えます
M.ZUIKO DIGITALはOLYMPUSの交換レンズシリーズのブランドです。このブランドの中には通称パンケーキレンズと呼ばれているアイテムもあり、その一つがED 14-42mm F3.5-5.6 EZです。パンケーキレンズは薄型タイプの交換レンズを意味しており、ED 14-42mm F3.5-5.6 EZは電源オフ時の全長が約22.5mmの薄型タイプです。薄型といっても最大径が60.6mmの口径が大きめのレンズですから十分な光量を得ることができます。焦点距離は14mm〜42mm、超広角レンズから準標準レンズとして利用することができるため、幅広い写真撮影に最適な1本と言えましょう。薄型のパンケーキレンズでもあり、ボディに装着していても突起部分が小さいなどからも持ち運びにも便利、しかも93gの重量は重さが気になりませんし、バッグの中に入れておいても邪魔にならないなどの魅力もあります。

■EDレンズに含まれる交換レンズです
OLYMPUSは特殊低分散ガラスを使用したレンズをEDレンズに分類して製造販売を行っており、こちらのレンズもEDレンズに含まれます。EDレンズは、青色から赤色に至る波長域において、通常の光学ガラスと比較した時に屈折率の変化が少なくなる性質を持つものです。EDレンズを採用することで色滲みやコントラストを下げてしまう原因の色収差を抑制することが可能になります。

■撮影倍率はどのくらいになるのでしょうか
焦点距離は最大42mmで、撮影倍率は0.23倍ですが、35mm判換算では0.46倍相当の撮影が可能です。このスペックは同クラスの標準ズームレンズの中では最大と言われていますし、OLYMPUSの別売品でもあるマクロコンバーターレンズと組み合わせた時には最大撮影倍率が0.38倍(35mm判換算では0.76倍相当)になるので、マクロ撮影にも威力を発揮してくれます。

■マイクロフォーサーズマウントに最適化された交換レンズです
この交換レンズは、マイクロフォーサーズマウント専用のズームレンズで、解放F値は14mmの時にはF3.5、42mmの時にはF5.6を実現しています。レンズ構成は7群8枚で、3枚の非球面レンズ・OLYMPUSの技術が詰まっているスーパーHDレンズやEDレンズなどを最適な位置に配置するなどの設計が行われています。小型のパンケーキレンズではありますが、中心部分から周辺部まで収差が少なく、クリアーでシャープな写真を提供してくれます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

関連記事