OLYMPUS

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ [シルバー]

Rank1

(0件)
必須

機材のスペック

機材の特徴

・M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ [シルバー]の主な特徴について

■M.ZUIKO DIGITALのED 14-42mm F3.5-5.6 EZの仕様
ED 14-42mm F3.5-5.6 EZはOLYMPUSのM.ZUIKO DIGITALシリーズのレンズの一つです。焦点距離が14mmの超広角から42mmの広角もしくは標準レンズの領域をカバーしています。14mmの時の開放値はF3.5、42mmの時の開放値はF5.6です。35mm判換算では28~84mmの広角から望遠レンズの領域になります。

■マイクロフォーサーズマウントのデジタルカメラに装着可能
ED 14-42mm F3.5-5.6 EZはマイクロフォーサーズマウントのデジタルカメラ専用のズームレンズです。画角は75度から29度・レンズ構成は7群8枚・撮影距離は焦点距離が14mmの時には0.2m、42mmの時には0.25mです。20cmや25cmの距離で撮影が出来ますので接写撮影をしたい時にも便利です。また、35mm換算で28mmから84mm相当の画角になりますので、広角から望遠撮影が出来ます。

■薄型パンケーキズームレンズです
ED 14-42mm F3.5-5.6 EZは全長22.5mmのズームレンズです。薄型タイプなどからもパンケーキレンズとも呼ばれており、重量においても僅か93g、カメラに装着していても重量を感じさせないレンズと言えましょう。小型ではありますが、ED 14-42mm F3.5-5.6 EZは7群8枚のレンズ構成、非球面レンズが3枚・EDおよびスーパーHRレンズがそれぞれ1枚など、OLYMPUSのZUIKO品質に相応しい高性能レンズ構成であると同時に、撮影した写真の高画質化を再現してくれます。

■ED 14-42mm F3.5-5.6 EZの主な特徴について
ED 14-42mm F3.5-5.6 EZは全長22.5mm・最大口径60mm・重量93gの薄型軽量ズームレンズです。電動式パンケーキレンズなどとも言われていますが、0.23倍の撮影倍率は35mm判換算の時には0.46倍となります。さらに、OLYMPUSのZUIKOテクノロジーによる高画質品質やユーザビリティを追従した操作性などの特徴もあります。ちなみに、ED 14-42mm F3.5-5.6 EZはシルバータイプとブラックタイプの2種類のカラーバリエーションが用意されているので、使用しているカメラボディとコーディネイトが出来るメリットもあります。

紹介動画

レビュー(0件)

関連記事