1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. 交換レンズ
  3. 望遠ズームレンズ
  4. TAMRON18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]
18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]

TAMRON

18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]

Lv2パス月額9,800円778種が入れ替えOK

必須

・18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]の主な特徴について

■世界で初めて22.2倍を達成した超望遠高倍率ズームレンズ
本レンズはTAMRONが開発したAPS-C機専用の超望遠ズームレンズです。世界で初めて焦点距離18-400mm、ズーム比22.2を実現しました。望遠側400mmはフルサイズ機に換算すると620mm相当となります。引き寄せ効果や圧縮効果を活かして様々な写真を撮影することができます。広角から超望遠まで1本で対応することができる優れたレンズです。最大撮影倍率が1:2.9となっており、テレマクロ撮影をすることもできます。日常的な風景や建造物、人物や草花などの他に超望遠での動物やスポーツの撮影が可能です。本レンズは簡易防滴構造も採用されています。多少雨が降っている程度であれば、屋外でも問題なく撮影ができます。

■優れた光学性能と圧倒的な焦点レンジ
本レンズは焦点レンジが18mmから400mmと非常に広いのが特徴です。広角側では雄大な風景を撮影することができます。望遠側では野鳥の表情をアップで捉えることが可能です。最新の光学設計が採用されているという特徴もあります。特殊な硝材が効果的に配置されており、ズーム全域で色収差や歪曲収差のような諸収差が抑制されています。テレマクロ撮影も可能な優れた描写性能を備えたレンズです。22.2倍のズーム比で、被写体を一気に引き寄せることができます。

■3段繰り出し式鏡筒による快適なズーム操作
超望遠高倍率ズームレンズの開発のためにメカ構造も新規設計が行われました。フルサイズ機に換算すると620mmとなる超望遠撮影が可能です。しかも本体重量は約700gという軽量になっています。日常や旅行などにおいて本格的な超望遠撮影を手軽に楽しむことができます。本製品は大きな繰り出し量をスムーズに操作できる3段繰り出し式の鏡筒を採用しています。分割したカムがそれぞれ異なる繰り出し量となる設計になっており、ズーミングを非常にスムーズに行うことができます。

■手ブレ補正機構「VC」を搭載
本レンズにはTAMRONが誇る手ブレ補正機構である「VC」が搭載されています。VCとはバイブレーション・コンペンセーションを省略したものです。室内や夕景など低照度下での撮影を強力にサポートします。手ブレを効果的に抑制することで、よりシャープな描写表現が可能となります。この機構によりファインダー像が安定します。そのため超望遠撮影におけるフレーミングを容易に行うことができ、ストレスなく撮影ができます。

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]のスペック

  • メーカー

    TAMRON

  • 商品カテゴリ

    望遠ズームレンズ

  • 重量

    705g

  • 対応マウント

    NikonFマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]の紹介動画

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [ニコン用]のレビュー ★★★★☆ (1)

  • 使い勝手のよい望遠

    2019/09/05 nasshi~メカは弱いさん ★★★★☆

    スナップや旅行に持って行って、広角側の画角が広めなので集合写真も撮れるし、見た目の割に軽量(1Lのパック牛乳より少し軽い位)。
    望遠の最長400mmで撮ると多少画像が荒れるというか…ぼけますが、運動会や普段のスナップには使い勝手がいい1本だと思います。
    ただ、室内だと絞りを開けないと使えなくなる場面が幾度かありましたので、明るいレンズとの併用で使うという感じかなとおもいました。

    持っておいてもいい1本かなと思いました。