1. カメラレンタルのGooPass(グーパス)
  2. 交換レンズ
  3. 単焦点レンズ
  4. TAMRONSP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]
SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]

TAMRON

SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]

Lv1パス月額5,800円403種が入れ替えOK

必須

作例写真を見る

・TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]の主な特徴について

■■※ご注意 このレンズはαAマウントのレンズです。αEマウントでは使用できませんのでご注意ください。■■

TAMRONの90mmマクロレンズは伝統と言っても良いほどのものです。そしてその90mmマクロに最新技術を盛り込んだのが、このレンズです。技術は手ぶれ補正やオートフォーカスなどのメカニカルな部分だけでなく、レンズそのものに施されるコーティングなど全体に及びます。またフォーカス時にボディ全長が変わらないなどの変化があります。

■レンズの性能
この製品には合わせて11群14枚のレンズが使用されていますが、その内2枚が特殊ガラスでできたXLDレンズで、LDレンズも1枚組み込まれています。これらのレンズの作用によって、収差を強く補正することが可能です。
また高い光学技術を用いることによってボケを綺麗に描写できます。被写体は全明で透明感のある描写が可能なので、被写体と背景の差によって立体感のある写真にできます。また採用された9枚の円形絞りも美しいボケを作り出すことに貢献してくれます。

レンズにはマルチコーティングが施されていますが、その上にさらにナノレベルの構造をしたeBANDコーティングというものが重ねられています。そのままでも反射をある程度抑えることができるマルチコーティングと組み合わさることで、光が入射したときの反射を大きく抑制するものです。強い反射が原因によって発生するフレアやゴーストを徹底的に抑え、透明感のある描写が可能になります。

■導入された先端技術
このレンズの手ぶれ補正には、TAMRON独自のVCという機構が使用されています。感度が強く高性能であるため、低照度の環境で手持ち撮影をしても補正をしてくれます。

オートフォーカスには超音波モーターのUSDが採用され、力強い動きと反応の速さで即座に焦点を合わせることが可能です。またフォーカスは内部のレンズが移動することによって合わせられる仕組みなので、調節してもレンズそのものの長さは変わりません。なので重心の変化でバランスが崩れるというような心配をしなくて済みます。もしオートフォーカスからマニュアルに切り替える必要がある場合は、スイッチを切り替えなくても大丈夫です。フルタイムですぐさまマニュアル調整へ移ることができます。

■防滴性能
このレンズには、内部に水滴が入り込みにくい工夫がなされています。その対象にはマウント部も含まれていて、湿度が高い屋外での撮影のような環境の下でも撮影が可能です。撮影対象となる場所が増えると共に、表現の幅が広がります。

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]のスペック

  • メーカー

    TAMRON

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    90mm 〜

  • 重量

    550g

  • 対応マウント

    αAマウント

  • フルサイズ対応

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]の作例

作例写真をもっと見る

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

TAMRON SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 USD (Model F004) [ソニー用]のブログ記事

  • SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USDリニューアルした定番マクロレンズの描写をチェック

    この記事を読む >
  • 幻想的な写真が撮れるTAMRON マクロレンズ SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD

    この記事を読む >
  • ~ ネイチャーも、ねーちゃんも ~ 最新タムキューでポートレート試撮@CP+2016

    この記事を読む >