FDR-X3000R

SONY

FDR-X3000R

必須

・SONY FDR-X3000Rの主な特徴について

■空間光学を利用してブレを補正する機能を搭載しています
本体が動いたとしても、センサーとレンズが一体となり光学ユニットが振動しないように空中に浮かせるSONYのハンディカメラに搭載している空間光学を利用した手ブレを補正する機能を、このアクションカメラにも搭載しています。このSONYならではの技術をアクションカメラ用に新たに小型化して開発して導入しました。

そして、補正機能をアクションカメラ向けにチューニングすることによって従来よりも安定しているブレない記録をすることが可能です。自動車や自転車など振動が生じる場面でもブレを抑制して安定した映像を撮影することが出来ます。

■4Kの画像を撮影しているときもブレにくいです
ブレを補正する性能が非常に高いので4Kの高画質での撮影や高速で移動する被写体を記録するときも作動させることが可能です。画質が高く、なおかつ安定していてブレが抑制された映像を記録することが出来ます。

■ブレ補正機能を作動させながらズームすることが出来ます
ブレを補正する機能を動作させながら狭い画角のナロー、中ぐらいのミディアム、広い画角のワイドの中から選んで設定することが可能です。その上に撮影している最中に最大で3倍にまでズームする操作をすることが出来るため好みのズームと画角を選んで映像を撮影することが出来ます。

■フレームレートが30pで画質が高い4Kの撮影が可能です
画面解像度は横3840ピクセル、縦2160ピクセルとなっていて、フレームレートは激しい動きもしっかり撮影することが出来るプログレッシブ方式である30pです。この4Kモデルのアクションカメラは4Kハンディカメラで培ってきたテクノロジーをアクションカメラ向けに最適化して画質が高い4K解像度での撮影をすることを可能になります。

■約100Mbpsの高いビットレートでの記録が出来ます
4Kの映像に対応したMP4形式のXAVC-Sフォーマットを取り入れたことによっておよそ100Mbpsぐらいという高いビットレートでの記録をすることが可能です。このことによって圧縮ノイズが抑えられて、より一層スムーズで美しい映像を残すことが出来ます。

■画面の周辺部が歪んでしまうのを抑えるレンズです
ドイツで非常に有名な光学機器メーカーのレンズを取り入れているアクションカメラです。光学特性が高いため解像度や色の再現度、コントラストなどが優れています。その上に画面の周辺部が歪んでしまうのを抑えた新開発のレンズです。多層膜コーティングをレンズ表面に施して光が乱反射してフレアやゴーストが発生するのを効果的に抑えます。

SONY FDR-X3000Rのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 焦点距離

    17 〜 32mm

  • 重量

    89g

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • バッテリー
  • MicroUSBケーブル
  • アンダーウォーターハウジング
  • マウント用バックル
  • GooPassポーチ
  • マウントアダプター
  • ライブビューリモコン
  • クレードル

SONY FDR-X3000Rの紹介動画

SONY FDR-X3000Rのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SONY FDR-X3000Rのブログ記事