HDR-AS50                 
                            

SONY

HDR-AS50

Lv1パスは月額5,800円で
対象機材340種借り放題

必須

作例写真を見る

【装着しやすい形と大きさ、軽さ】
このカメラの大きな特徴として挙げられるのが極端に軽いということです。本体重量はなんと83gであり、コンパクトボディに広角レンズを搭載する形となっています。スリムな形状なので風圧を受けにくいともされます。頭に装着したり、自転車に装着したりして使用することも出来ます。そのため、スノーボードなどエクストリームスポーツと呼ばれるスポーツをしているときに装着する方もおられるそうです。自由なスタイルで撮影できることも大きなメリットといえるでしょう。ただし、ハンズフリーでの撮影を行うには専用のアクセサリーとの組み合わせが必要となります。

【防水ハウジングが付属されています】
水中を撮影したいという場合に問題となるのが水への耐久性です。水の進入を防げるように設計されているカメラ自体は少なくありませんが、このカメラの場合は水深60mまで耐えられる作りになっています。水深60mといえばかなりの水圧がかかる水域ですが、そのような環境でも撮影を行うことが出来ます。防塵性や耐衝撃性も高いレベルで満たしていることからそういったことが可能となっています。アンダーウォーターハウジングのケースカバーを閉じたことにしておくことで様々な状況下での撮影が出来ます。

【バッテリー周りも優秀な機能を発揮】
カメラを使用するにあたってはバッテリーも重要となります。いかに優秀な性能を持っていたとしてもバッテリーの容量が少ないと上手く活用することが出来ません。そこでこのカメラには大容量のXバッテリーが搭載されています。これにより、長時間の撮影でも問題なく性能を発揮することが出来ます。連続撮影時間は何と165分にも及びます。モバイルバッテリーから給電出来る仕組みになっているので、外出先でバッテリーが切れてしまった場合でも問題はありません。

【直観的な操作が出来るメニュー項目】
このカメラはアイコン表示のメニュー項目が直観操作でも分かりやすくなっています。ユーザーインターフェースが一新されているので初心者の方でも安心して使うことが出来ます。最近ではカメラに詳しくない方が趣味としてこういったカメラを持ち始めるケースが少なくありません。そのような流れを踏まえて誰もが扱いやすいデザインになっているのがこのカメラです。初めて持つという方にもお勧めできます。アイコンが表示されているのでそこをチェックすれば何の問題もなく操作可能です。

SONY HDR-AS50のスペック

  • メーカー

    SONY

  • 焦点距離

    18.4 〜 21.8mm

SONY HDR-AS50の作例

作例写真をもっと見る

SONY HDR-AS50のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SONY HDR-AS50のブログ記事

もっと見る