α9 ILCE-9 ボディ

SONY

α9 ILCE-9 ボディ

PROプランは月額29,800円で
対象機材558種借り放題

必須

【メカ的安心感】α9に関してはAF性能をはじめとして、トータルで非常に満足度の高いモデルです。サブとして他のモデルを使用しているユーザーでも、歩留まりの良さを実感できます。そこには歴然とした機能の差があるからです。ニコンはおよそ2年ごとにマイナーチェンジを行っており、実質的に2年で型落ちとなるわけです。そのため常に最新型を求めるユーザーにとっては、経済材的な負担が大きいと言えます。加えて人物像のイエロー現象などもあり、大量に人物を撮影するユーザーには不向きになっています。その点おいて当機の場合は、メカ的に安心感があります。

【基本的なデジタルカメラ】α9の発色性能は目を見張るものがあります。他のモデルとは一線を画しており、キャノンの1DXが比較的に近いタイプになります。シャドー部やハイライト部が粘るので、写真をシャープに演出できます。当然のことながらAFも最高レベルで、狙った瞬間を撮り損ねることは殆どないと言えます。それでも不満が残るとすればグリップにあり、形状をカーブにすればさらにグリップ感が良くなると思われます。当モデルは良い意味でも悪い意味でもデジタルカメラの領域に位置しており、それがソニーの強みでもあり弱みでもあるわけです。

【ミラーレス一眼の先駆者】機能的にはサイレンとシャッターの利便性が高いと言えます。撮るシーンによっては音を立てたくない場面があります。そんな場面では、サイレンとシャッターが大いに活躍するわけです。ミラーレスであっても音が気になることがありますが、α9であれば安心して撮影に集中できます。ミラーレス一眼が一眼レフに及ばない理由としては、ファインダーを覗いた際の時間差にあります。当機においても僅かな時間差がありますが、慣れることで殆ど気にならなくなります。最近では他メーカーもミラーレス一眼を出していますが、先駆者であるソニーの今後の展開が楽しみでもあります。

【総評】Eマウントを初期から使っているユーザーは、NEXでカメラをはじめることもあります。カメラにはまると、時々副業で稼いだり出来ます。将に想い出が詰まったマウントだと言えます。Eマウントを立ち上げたころは、Mマウントレンズで撮影することもあります。但し操作性が悪いので、AFも合わないでストレスを溜めていたわけです。そのようなユーザーがフルサイズの6Dを入手すれば、その利便性に感動を覚えると言います。ソニー自体がα9の登場あたりから、路線変更してきた感じがあります。

SONY α9 ILCE-9 ボディのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    588g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • バッテリーチャージャー
  • 電源コード

SONY α9 ILCE-9 ボディの作例

作例写真をもっと見る

SONY α9 ILCE-9 ボディの紹介動画

SONY α9 ILCE-9 ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SONY α9 ILCE-9 ボディのブログ記事

  • 最高峰の性能をもつ歴史的な一台『SONY α9』

    この記事を読む >
  • 【作例付きレビュー】SONY α9(ILCE-9)D5や1DXとも張り合えるおすすめのミラーレス一眼!

    この記事を読む >
  • 【レビュー】It’s a SONY!! 究極のオートフォーカスと高速連写が撮影表現の可能性を広げる「SONY α9」

    この記事を読む >