α7S II ILCE-7SM2 ボディ

SONY

α7S II ILCE-7SM2 ボディ

Lv4パスは月額17,800円で
対象機材672種借り放題

1weekレンタルとは何ですか?
必須

作例写真を見る

【総評】当モデルの魅力は立体的な質感であり、画素数の多さではありません。静止画においても動体に限らなければ、昼夜を問わずに楽しめるものです。また光量が少ない場所においても、手持ちで撮影することが可能です。そのためフィールドに持ち出す機会が、格段に増えているわけです。画質的には期待以上であるにもかかわらず、AF性能については劣る部分があります。それを補完するには大口径のネイティブレンズが有効だと言えます。デザイン的には無骨ですが、樹脂ではない質感が好評を博しています。画素数は控えめですが、不足は感じさせません。高感度でも鮮やかに撮れるので、夜間の撮影にも適しているわけです。

【操作性】操作性については評価が分かれていますが、全体的には悪くはないと言えます。ダイヤルやボタン配置は今ひとつですが、同価格帯の他メーカーモデルに対抗できます。AFの細部設定も備わっていませんが、それも良しとするしかありません。バッテリーの消耗も速く、予備バッテリーが複数無いと不自由します。但し静止画の撮影だけなら、予備一つあれば大丈夫です。携帯性においてはフルフレーム機でありながら、単焦点レンズと一緒に気軽に携帯することが可能です。機能性に関してはボディ内手ブレ補正が備わっており、ある程度の効果を実感できます。特にポートレートで使うAF精度は抜群です。

【ホールド感】エクステンショングリップを付ければ、問題はありません。不満点をあげれば、グリップを付けたまま三脚に乗せられないことです。当機のユーザーの中には、Aマウント用のレンズを使っているケースも少なくありません。当モデルはLA-EA3なので、像面位相差AFを効かせることができません。当機の最大の売りは動画撮影ですが、こうしたユーザーの中には動画を全く撮らない場合もあるわけです。それでもレンズ資産の関係から、α7RⅡなどを候補として選んでいます。中古市場価格では低下の半額以下になっており、破格に近いと言えます。

【まとめ】4000万画素とかはプロや紙面にする以外に、必要を感じません。定価の半額で購入できるなら、中古市場で購入するのも選択肢の一つです。高感度の撮影に関しては、α7RⅡと殆ど変わらないと言われています。何よりも業界トップなので良いわけです。単焦点レンズをつけて、頻繁に撮影しても大量に容量を喰うことはありません。何よりも夜間撮影に本領を発揮することができ、星景写真撮影などに向いているわけです。

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    584g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー(2個)
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • バッテリーチャージャー

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディの作例

作例写真をもっと見る

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディの紹介動画

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SONY α7S II ILCE-7SM2 ボディのブログ記事

もっと見る