α7 III ILCE-7M3 ボディ

SONY

α7 III ILCE-7M3 ボディ

Lv4パス月額17,800円921種が入れ替えOK

Lv2パス月額9,800円711種が入れ替えOK

1weekレンタルとは何ですか?
必須

・α7 III ILCE-7M3 ボディの主な特徴について


センサーが捉えた高画質を維持するための処理エンジン ・フルサイズセンサーのExmor Rは配線層とオンチップレンズの間にフォトダイオードがある裏面照射型で、高い感度を実現できます。そのセンサーからの情報を受け取るエンジンがBIONZ Xで、読み出し・データ処理共に高速で行ないます。

センサーからエンジンに送られる際のデータは14bitのRAWフォーマットに対応していて、その後JPEGあるいはRAWのどちらの形式にする場合でも、一度16bitで処理されます。そうすることでより濃淡のはっきりした写真に仕上げられます。 様々なシーンに対応できる幅広いISO感度 ・被写体に合わせたシャープ処理を行なうディテールリプロダクションと、エリアを分割するノイズリダクションが搭載されています。そうすることで常用ISO感度の100から51200と幅広い領域全てで、低ノイズと画質の細かさを実現できます。また拡張では動画で102400、静止画だと204800が最高になります。

被写体の動きを追従する4Dフォーカス ・オートフォーカスには、像面位相差検出が693点、コントラスト検出が425点使用されています。範囲が広く密度が高いセンサーで、被写体をしっかりと捉えます。さらに4Dフォーカスのアルゴリズムで、被写体の将来的な動きまで予測して追いかけます。そんなオートフォーカスは1秒で10コマ撮影できる性能を持ち、条件次第では電子シャッターのみを用いたサイレントモードでも同様のスピードを発揮できます。

また特定の人工照明の下では、フリッカーでのちらつきを避けながら撮影可能なので、連写後の選択肢が少なくならずに済みます。 高画質で滑らかな動画撮影 ・動画を撮影する場合は、HDや4Kの高画質が実現できます。撮影する際には1.6倍から6Kクオリティの2.4倍の情報を4Kサイズまで凝縮するため、きめ細かい映像になります。

色の濃淡を担当するのはS-Log3で、特にシャドーからミッドトーン域の調整に力を入れたものです。また撮影の際にはガンマ表示アシスト機能によって、調整後の状態をファインダーやモニターから確認できます。動画撮影時でもオートフォーカスの性能が活き、駆動速度を3パターンから選択できます。なので動きの少ない被写体からスポーツシーンなど素早いものまでを滑らかに調整します。また動画から瞬間を静止画として切り出すことも可能で、4Kだと800万画素、HDでも200万画素と高画質です。

SONY α7 III ILCE-7M3 ボディのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    565g

  • 対応マウント

    αEマウント

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • ACアダプター
  • 充電用USBケーブル

SONY α7 III ILCE-7M3 ボディの紹介動画

SONY α7 III ILCE-7M3 ボディのレビュー ★★★★★ (1)

  • 完成度が高くてコスパも最高

    2018/12/05 SONYマスターさん ★★★★★

    ずっとNIKON派だったけどミラーレス気になってて借りてみたら見事にはまった。噂通りにSONYはあkるくて使いやすいけど、7Ⅲは異次元にコスパいい。高感度のノイズの少なさにびっくり。これは総入れ替えも考えないといけないレベル。