α7 II ILCE-7M2 ボディ                 
                            

SONY

α7 II ILCE-7M2 ボディ

Lv2パスは月額9,800円で
対象機材594種借り放題

必須

作例写真を見る

レンズにも対応できる手ブレ補正

・このカメラの一番の強みは高い手ブレ補正機能で、5軸でしっかりと振動を抑えます。被写体との距離を測定することで、ズームによるシフトブレを防ぎます。SONYのAマウントやEマウントを始めとした様々なレンズでもその機能を働かせることができ、レンズ自体が角度ブレを補正する機能を備えている場合にも対応できます。その手ブレ補正は写真撮影時のみでなく動画撮影にも活かされ、ある程度カメラ本体が移動するような状況であっても滑らかな仕上がりになるでしょう。

フルサイズセンサーの性能

・レンズを通った光を取り入れるセンサー部分は、有効画素が約2430万のフルサイズが採用されています。SONY独自の技術をふんだんに取り入れたセンサーで、効率的に光を取り込むことができ、ノイズの提言も実現可能です。そして画像処理エンジンがそのセンサーから送られてくる情報を素早く処理します。画像処理エンジンには取り付けるレンズの性能を極力活かすための技術や、手ブレ補正にも繋がる光量補正といった役割もあります。カメラ本体の大きさと比較するとセンサーは大きめですが、それを実現しているのはミラーの廃止やフランジバックの距離短縮といった工夫です。小型かつ軽量であることは持ち運びに便利なメリットがあり、そのために性能面が劣るということがありません。

ハイブリッドオートフォーカス

・フルセンサーの素早い動作と画像処理エンジンの能力は、オートフォーカスでも活用されます。空間被写体検出という独自のアルゴリズムによって、レンズの駆動を最小限に抑える仕組みです。そうすることでオートフォーカスの基本であり精度の高さが強みのコントラスト方式の、速度という弱点をカバーしています。そこに速度を重視する位相差検出方式も加えて、精度と時間短縮の両立ができます。それを高速連射に用いると、常にピントを調整しながらも1秒間に約5コマというパフォーマンスが可能です。

充実のホコリ対策

・たとえセンサーが大きくても、表面にホコリが付着してしまうと満足な性能を発揮できません。このカメラにはそのことを考えて、センサーの表面にコーティングが施されています。たとえほこりが付着したとしても、クリーニングモードにするとセンサー部が振動して、ホコリの性質を問わずに振るい落とします。なので長期間使用を続けてもゴミとして定着してしまう心配がありません。

SONY α7 II ILCE-7M2 ボディのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    556g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • ACアダプター
  • 充電用USBケーブル

SONY α7 II ILCE-7M2 ボディの作例

作例写真をもっと見る

SONY α7 II ILCE-7M2 ボディの紹介動画

SONY α7 II ILCE-7M2 ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

SONY α7 II ILCE-7M2 ボディのブログ記事