α6500 ILCE-6500 ボディ                 
                            

SONY

α6500 ILCE-6500 ボディ

Lv2パスは月額9,800円で
対象機材589種借り放題

必須

作例写真を見る

被写体を確実に捉える4Dフォーカス

・このカメラの最大の特徴は4Dフォーカス機能が搭載されている点で、対応しているレンズであれば425のセンサーを可動させることができます。大量のセンサーで画面全体を対象にできるため、柔軟かつ高速にピントを合わせられます。その速さは条件や設定次第で、最短0.05秒での完了も不可能ではありません。その速さを実現できる理由は位相差とコントラストという2種類のオートフォーカスを併用するシステムにあります。そのフォーカスを画像処理エンジンですぐに最適化するからこそ、被写体の動きが速くても対応可能です。

選べる5つのフォーカス機能

・全てのシーンでオートフォーカスに任せきりだと、思った通りの写真撮影は難しいです。そのためこのカメラにはマニュアルを含めて、5パターンのフォーカスが用意されています。オートで合わせた後に手動で微調整したり、一度ピントが合うとそこで固定されるなど様々です。中には被写体が動いているか静止しているかをコンピュータが判断して、設定が切り替わるモードもあります。そして撮影そのものもピントが合って初めてシャッターが切れるフォーカス優先と、ピントに関わらず撮影するレリーズ優先が切り替えられるようになっています。

タッチ対応の液晶パネル

・背面の液晶部分は指で直接操作可能で、画面を見ながら狙った場所を触るとそこにフォーカスが合います。ファインダーを覗きながらでも指でのパネル操作をすると、指の移動量に合わせてフォーカスポイントが移動します。そのため直感的な撮影のサポートとしても活用可能です。もちろん必要に応じてオンオフを切り替えられて、パネルだと反応するエリアも限定できます。

高い手ブレ補正機能

・このカメラには5軸での光学手ブレ補正機能が搭載されていて、不安定から来る揺れの補正だけでなく、焦点距離の長さや倍率の大きさで発生してしまうブレにも対応可能です。そのため取り付けるレンズに補正機能がなくても問題ありません。さらにシャッターの後膜にはブレーキが付き、弾力性のある素材も使用されているので、内部でのシャッターの動きが原因でのブレは少なく済みます。

幅広いレンズに対応可能

・SONYのレンズにはいくつかのマウントがありますが、このカメラは2通りに対応できるようになっています。そのため直接取り付けられるレンズの数が多く、撮影シーンの幅を広げられます。カメラ本体は頑丈なマグネシウムで作られているため、サイズの大きなレンズでも力負けしてしまうことはありません。

SONY α6500 ILCE-6500 ボディのスペック

  • メーカー

    SONY

  • 商品カテゴリ

    ミラーレス一眼

  • 重量

    410g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • ACアダプター
  • 充電用USBケーブル

SONY α6500 ILCE-6500 ボディの作例

作例写真をもっと見る

SONY α6500 ILCE-6500 ボディの紹介動画

SONY α6500 ILCE-6500 ボディのレビュー ★★★★★ (1)

  • ボディ内手ぶれ補正がオールドレンズにマッチ

    2019/12/14 つちおさんさん ★★★★★

    今回は手持ちのコンタックス・カールツァイスレンズを使いたいために、ボディのみレンタルしました。
    そのため、AFやタッチパッド機能を除く、マニュアル系のレビューをします。

    (ボディ内手ぶれ補正)
    αは5000/6000系と7/9系がありますが、コンパクトな6000系でボディ内手ぶれ補正があるのはα6500の特徴です。
    カールツァイスレンズはk&fのマウントアダプターで取り付けますが、マニュアルレンズ使用の場合でも、menu画面の撮影機能オプションから、手ぶれ補正の焦点距離を入力して設定することができます。
    例えば、50ミリレンズを付けた場合は50mmに設定することで最適な手ぶれ補正効果が得られ、300ミリレンズを付けた場合は300mmに設定することで望遠レンズに適した手ぶれ補正制御に切り替わります。

    (センサーの描写性)
    オールドレンズで2400万画素の精細さを享受できるのが嬉しい点ですね。
    手持ちのEマウント16-50廉価版ズームと、カールツァイスバリオゾナー 28-85/3.3-4を比較しましたが、カールツァイスのパリッとしたピントの芯そして、自然で透明感のある色再現を感じられるくらい、きちんとレンズの性能を映し出すだけの高い描写力を感じました。

    (おまけ)
    オールドレンズをマウントアダプターで使用すると、実絞りと言って、特に絞りが5.6より暗くなってくると、絞りを絞った暗さで画面を見ることになります。
    一眼レフの場合、ファインダーが暗くなってしまいピント合わせがしにくくなるな難点がありました。
    しかしながら、ミラーレス機は露出シミュレーションといって、撮影した時の明るさで液晶画面に表示されますから、マニュアルレンズで絞り込んでも快適な撮影ができ、この点で、ミラーレス機はオールドレンズととても相性が良いと言えます。

SONY α6500 ILCE-6500 ボディのブログ記事

  • 【レビュー】SONY α6500!最高のAPS-Cミラーレス一眼を手に入れてしまった【作例写真】

    この記事を読む >
  • α6500を約6ヶ月使ってみて再レビュー

    この記事を読む >
  • 【更新】「瞳オートフォーカスで夢がかなう」α6500(ILCE-6500)のレビュー(評価)

    この記事を読む >

もっと見る