SONY

E 10-18mm F4 OSS SEL1018

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の496種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・SONY E 10-18mm F4 OSS SEL1018の主な特徴について

「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」の基本情報
Eマウント専用の超広角ズームレンズである「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」は8群10枚のレンズ構成になっており、フィルター径は62mmです。最大径は70mm、長さは63.5mmとなっています。質量はおよそ225gで、35mm判換算焦点距離は15mmから27mmです。最短撮影距離は0.25m、最大撮影倍率は0.1倍の倍率が可能になっています。

■超広角領域と補正が強いレンズ
「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」の特徴をまず挙げるなら、超広角領域の数値と採用されているレンズです。「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」は超広角ズームレンズですが、具体的には超広角とされている15mmから広角27mmまでの撮影ができます。構図や撮影法はアマチュアには難しい面があるものの、広角を活かした撮影は立体感がある写真を作り出す事が可能です。それをサポートするのが「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」に採用されている3枚の非球面レンズとスーパーEDガラスになります。前者の役割は光による歪みを抑制、後者の役割は最適な色収差の補正です。特にスーパーEDガラスは超広角のレンズとの相性が良く、コントラストがある画像を簡単に作り出せます。

■開放F値4と学式手ブレ補正機能も優秀な機能
開放F値4はF値において中間クラスの性能です。最小値であるF1.4であれば背景はボケやすく、画質も低いものの、シャッター速度が速いところがメリットとして挙げられます。この数値が高ければ高いほど正反対な性能になっていきますが、F4の場合はF1.4に近いものの、バランスが良いです。シャッター速度に画質、そして背景も安定しています。付け加えるなら、光学式手ブレ補正機能が内蔵しているのでシャープな画像処理や円形絞りのおかげで作り出せるボケも優秀です。

■「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」の総評
「E 10-18mm F4 OSS SEL1018」に搭載されている超広角ズームは印象的な写真や立体的な写真を撮影したい場合に役立ちます。ただし慣れていないアマチュアには難しい面が強く、構図を意識しなければ納得できる1枚は出来にくいです。その辺りについては「屋内写真や風景写真など限定的な使い方をすればアマチュアや初心者にも使えるようになる」と評価されています。値段は高めですが、それを差し引いても高性能なレンズです。

レンタル時の同梱品一覧

  • プロテクトフィルター x1
  • フロントキャップ x1
  • リアキャップ x1
  • レンズフード x1
  • レンズポーチ x1
  • レンズ本体 x1

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    α Eマウント

  • 開放F値

    4

  • フィルタサイズ(mm)

    62

  • 最大経(mm)

    70

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    10

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    18

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.25

  • フォーカス

    AF

  • 手ブレ補正機構

関連記事

PageTop