EOS 80D ボディ

Canon

EOS 80D ボディ

Lv2パスは月額9,800円で
対象機材551種借り放題

必須

作例写真を見る

・見やすいファインダーを実現
新ペンタプリズムを搭載することにより視野率約100%、倍率約0.95倍、視野角約28.3°の大きく見やすいファインダー視野を実現しています。アイポイント長は約22mmとなっているので眼鏡をかけたままでも快適に撮影可能です。一眼レフカメラならではの高画質および快適なファインダー撮影が出来るのもこのカメラの特徴となっています。新開発の有効画素約2,420 万画素のAPS-C サイズCMOSセンサーを搭載したことと、映像エンジンDIGIC6の組み合わせによって質感・立体感をリアルに描写する一眼レフならではの高画質を実現することが出来ます。見やすさ、使いやすいなどにもこだわったカメラとなっています。

・高い画素数と高速連射を両立
高画素化と最高約7コマ/秒の高速連写を両立しているカメラです。構図を描きやすい視野率約100%の光学ファインダーを搭載することと、ペンタプリズム採用の光学ファインダーによって高い画素数を実現することが出来ます。デュアルピクセルCMOS AFによるフォーカス送りもこのカメラの特徴です。手前から奥へ、タッチですっとピントが移り変わるなめらかなフォーカス送りを実現しています。見る人が心地よく感じるようにオートフォーカス動作がなめらかになります。また、動画サーボオートフォーカスも被写体の追従性が向上していて動き続ける被写体に自動でピントを合わせ続ける仕組みになっています。

・キヤノン独自のオートフォーカス技術など快適な操作で高画質な動画撮影を実現
バリアングルのタッチパネル式液晶モニターとの組み合わせにより、手軽に一眼レフカメラならではの美しい撮影が可能となっています。微細化プロセスを進化させた新開発のCMOSセンサーと信号の読み出し方法の改善によって高画素化と高感度性能の向上を両立することが出来ているのも特徴です。フルHD/60pでの動画撮影時にも「デュアルピクセルCMOS AF」の駆動を実現しています。

・標準露出とアンダー露出の画像を交互に撮影するカメラ
輝度差の大きいシーンにおいて発生しやすい白とびに対し、標準露出とアンダー露出の画像を交互に撮影してそれぞれを1フレームに合成することによって白とびを抑制したフルHD画質の動画を作成することが出来ます。撮影間隔と撮影回数を任意に設定し、一定間隔で自動撮影が可能な「インターバル撮影機能」、撮影時の露光時間をあらかじめ設定できる「バルブタイマー機能」などを使用することが出来ます。

Canon EOS 80D ボディのスペック

  • メーカー

    Canon

  • 商品カテゴリ

    一眼レフカメラ

  • 重量

    650g

レンタル時の同梱品一覧

  • 本体
  • バッテリー
  • ボディキャップ
  • ショルダーストラップ
  • バッテリーチャージャー

Canon EOS 80D ボディの作例

作例写真をもっと見る

Canon EOS 80D ボディの紹介動画

Canon EOS 80D ボディのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

Canon EOS 80D ボディのブログ記事

もっと見る