Canon

EOS M6 ボディ

Rank1

(0件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の459種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・EOS M6 ボディの主な特徴について
Canonのデジタル一眼レフカメラはEOS シリーズですが、EOS M6はEF-Mマウント採用したミラーレスカメラです。デジタル一眼レフカメラにはフルサイズやAPS-Cサイズ、ミラーレスの3種類がありますが、種類が異なることで装着可能なレンズも変わります。CanonのEF-Mシリーズはミラーレス専用のレンズ、EFシリーズはフルサイズもしくはAPS-Cサイズ専用のレンズになります。

■EOS M6にはEFシリーズのレンズも装着可能
EOS M6はAPS-Cセンサーを搭載したミラーレスカメラで、専用レンズとしてはEF-Mシリーズの中から選ぶことになります。しかし、EOS M6に装着出来るマウントアダプターを取り付けた場合、EFシリーズのレンズの装着も可能になります。この場合、オートフォーカスが使えないのではないか、などの疑問を持つ人も多いかと思われますが、マウントアダプターはオートフォーカスにも対応しているので安心です。また、レンズのラインナップが増えるメリットがあります。

■ボディ色は2タイプ
EOS M6のボディはブラックとシルバーの2色、色を選ぶことが出来るのも魅力と言えましょう。ブラックタイプは全体が黒色、シボ加工が強調されるデザインに仕上がっています。一方、シルバータイプは上側と下側をシルバー色にしているのが特徴で、黒色とシルバーのコントラストを楽しめるデザインです。一見、シルバータイプと聞くと全体がシルバー色のようなイメージになりますが、コントラストを作り出しているデザインも魅力ではないでしょうか。

■節電機能でバッテリーの消耗を防止
EOS M6はバッテリーで駆動するタイプのカメラです。カメラ操作をしない時なども電源が入った状態ではバッテリーの消費に繋がります。特に、旅行に出掛けた時など、撮影しようとした時にバッテリー切れでは困ります。EOS M6にはオートパワーオフと呼ぶ節電機能が搭載されており、カメラ操作をしない状態が一定時間経過すると自動的に画面を消す機能があります。尚、オートパワーオフ機能は約1分間カメラを操作しないと画面が消え、さらに約1分経過すると電源が切れる仕組みになります。ちなみに、画面の消灯および電源オフまでの時間は、持ち主が設定することも可能です。但し、エコモードを入りの状態にしている時にはオートパワーオフ機能は使えません。

レンタル時の同梱品一覧

  • カメラ本体
  • ボディキャップ
  • バッテリー
  • バッテリーチャージャー
  • カメラストラップ
  • GooPassポーチ
  • ラッピングクロス

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    キヤノンEF-Mマウント

  • 記録フォーマット

    JPEG,RAW

  • 液晶

    チルト

  • タッチパネル

  • 最高ISO感度(通常)

    25600

  • 総画素数(万画素)

    2580

  • 有効画素数(万画素)

    2420

  • センサーサイズ

    APS-C

  • 動画サイズ

    フルHD 59.94fps

  • タイムラプス

  • 記録メディア

    microSDHC microSD microSDXC

  • スロット

    シングルスロット

  • Wi-Fi

  • Bluetooth

関連記事

PageTop