EF16-35mm F2.8L II USM

Canon

EF16-35mm F2.8L II USM

STANDARDプランは月額9,800円で
対象機材455種借り放題

必須

・Canonのハイエンド広角ズームレンズ
EF16-35mm F2.8L II USMは、焦点距離が16~35mmのズームレンズで、初代のEF16-35mm F2.8L USMの後継レンズです。但し、系譜的には初代EF 20-35mm F2.8 Lがあり、4代目の製品になります。初代からのスペック上での変更点は大きく分けると3つあります。1つ目はレンズ構成で、10群14枚から12群16枚に変更が行われました。ちなみに、Canonが独自に開発した非球面レンズ3枚と特殊低分散ガラスのUDレンズ2枚の構成は変更なく、コーティングを行うと同時に、従来製品よりもレイアウトの最適化が図られているのが特徴です。2つ目はフィルター径で、77mmから82mmに変更されており、フィルター枠のケラレが低減したと言えましょう。3つ目は大きさや重量で、フィルター径が大きくなったことからも、83.5×103mm・600gから88.5×111.6mm・635gに変更されました。

・ウルトラソニックモーター採用レンズ
EF16-35mm F2.8L II USMはLシリーズの広角ズームレンズで、マニュアルフォーカスとオートフォーカスを切り替えて利用することが出来ます。オートフォーカスはピント合わせをコンピュータがモーターを起動させて行う仕組みですが、このレンズにはウルトラソニックモーター(USM)が採用されています。ウルトラソニックモーターは静寂性が高いこと、素早いオートフォーカス動作が可能になるメリットを持ちます、マニュアルフォーカス時のピントリングの操作性も節度を持つトルク感です。

・防塵・防滴構造も引き続き採用
EF16-35mm F2.8L II USMは完全密封型の光学ズームレンズで、Lシリーズの超望遠や広角ズームなどに採用が行われている防塵・防滴構造を採用しています。マウント接合部にラバーリングを採用している、ボタン類などの部分にもプロの過酷な撮影現場に対応可能な防塵・防滴性の高い構造を採用し、粉塵や水滴に対する防御を徹底します。

・フルタイムマニュアルフォーカス機能も装備
EF16-35mm F2.8L II USMにはフルタイムマニュアルフォーカス機能が搭載されており、オートフォーカスで焦点を合わせた後に、マニュアルフォーカスでピント調整を行うことも出来ます。尚、フルタイムマニュアルフォーカスを利用する時にはカメラ側のAFモードをONE SHOT AFに設定しておく必要があります。

Canon EF16-35mm F2.8L II USMのスペック

  • メーカー

    Canon

  • 商品カテゴリ

    広角ズームレンズ

  • レンズタイプ

    広角ズーム

  • 焦点距離

    16 〜 35mm

  • 最大径x長さ

    88.5x111.6mm

  • 重量

    635g

  • 対応マウント

    CanonEFマウント

  • フルサイズ対応

Canon EF16-35mm F2.8L II USMの作例

作例写真をもっと見る

Canon EF16-35mm F2.8L II USMの紹介動画

Canon EF16-35mm F2.8L II USMのレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

Canon EF16-35mm F2.8L II USMのブログ記事