Canon

EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

Rank4

(0件)
  • Lv4パス以上のご契約で
  • ¥17,800/月〜¥19,580(税込)
  • Rank1〜4の1125種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの主な特徴について

■中望遠から超望遠をカバーするズームレンズ
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは、CanonのEOSカメラのEFマウントに装着出来るズームレンズです。焦点距離が100mmから400mmになりますが、100mmは中望遠の領域、400mmは超望遠の領域に含まれます。被写体を大きく取り入れたい時など威力を発揮してくれます。例えば、鳥の撮影などの場合は、遠くから鳥を狙わないと撮影することが難しくなります。近づけば鳥は逃げてしまうわけですから、被写体からの距離は数十メートル以上も離れた場所になります。こんな時に400mmの焦点距離で鳥を狙えるわけです。尚、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはCanonのLシリーズに含まれるもので、35mmフルサイズカメラに対応しています。ちなみに、このレンズには旧型のEF 100-400mm F4.5-5.6L IS USMがありますが、この製品が誕生してから16年後にモデルチェンジとなり登場しました。

■エクステンダー利用で焦点距離を長くすることも可能
EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMはCanonのレンズラインナップの中ではエクステンダー内蔵タイプの200-400mm F4L IS USMエクステンダー1.4×を除けば、最も望遠となるズームレンズの位置づけを持ちます。レンズ構成は蛍石1枚・スーパーUDレンズを1枚含む16群21枚です。尚、エクステンダーは合成焦点距離を伸ばすもので、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMにはCanon製のエクステンダーを取り付けることでTELE端で最高800mmの焦点距離にすることも出来ます。

■デザインおよび操作性について
三脚座装着時の重量は約1,640g、全長は100mmの時に約193mm、旧型と比べると約110g程重量が増していますが、大きさはほぼ同等です。しかしながら、直進式から回転式ズームリングに変更されており使いやすさやデザインが一新されています。ズーミングは使用される人の好みがありますが、回転式ズームリングは細やかな画角設定に最適と言えましょう。

■レンズ内に手ブレ補正機構を搭載
このレンズはISと呼ぶ手ブレ補正機構が搭載されています。旧型では約2段分の手ブレ補正でしたが、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMでは約4段分となり、大幅な改善が行われているのも特徴です。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • 三脚座
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    キヤノンEFマウント

  • 開放F値

    4.5

  • フィルタサイズ(mm)

    77

  • 最大経(mm)

    94

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    100

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    400

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.98

  • フォーカス

    AF/MF

  • 手ブレ補正機構

  • フルサイズ対応

  • 防滴・防塵

関連記事

PageTop