Canon

EF35mm F1.4L II USM

Rank3

(0件)
  • Lv3パス以上のご契約で
  • ¥13,800/月〜¥15,180(税込)
  • Rank1〜3の1003種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・EF35mm F1.4L II USMの主な特徴について

■CanonのOS カメラ用の大口径広角レンズ
EF35mm F1.4L II USMはEFマウントのデジタル一眼レフカメラ、CanonのEOSカメラに装着する広角レンズです。最大径が80.4mmの大口径で開放値もF1.4の明るさを持ちます。明るいレンズですから暗い場所での撮影時もシャッター速度を優先して撮影が出来るメリットもあります。尚、35mmの焦点距離は広角領域に分類が行われており、風景などのように広範囲の被写体を画面内に入れたい時など最適です。人物撮影においても標準レンズを同じような感覚で撮影に利用が出来るメリットも持っています。

■色収差を大幅に低減
EF35mm F1.4L II USMは、Canon独自開発のBRレンズを初めて採用したモデルです。BRレンズとは、Blue Spectrum Refractive Opticsレンズのことを意味し、短い波長域でもある青色の光を大きく屈折させる性質があります。この性質によりさらに高水準の色収差補正が可能になります。大口径レンズは色のにじみでもある色収差が発生しやすいのですが、BRレンズの採用により、色収差を大幅に低減しており、撮影画面の中心部分から周辺至るすべての領域での優れた描写性能を実現しています。

■色収差を高度に補正するBRレンズを採用
Canonは、蛍石やUD、スーパーUDなどの様々なレンズの開発を行っており、これまでレンズの宿命とも言われていた色収差を補正した製品を開発し続けています。しかし、これまでに開発したものでは色収差が残ってしまう、補正が難しいとされるレンズがあり、新たに開発が行われたのがBRレンズです。EF35mm F1.4L II USMにはこうした技術も採用が行われており、大口径に出やすい軸上色収差(色にじみ)を高度に補正、絞り開放より高い描写性能を持ちます。

■フレア・ゴーストを低減する特殊コーティングを使用
EF35mm F1.4L II USMは特殊コーティングSWCを採用しています。表面に可視光の波長よりも短い、ナノサイズのくさび状の構造物を無数に並べたものが特殊コーティングSWCで、これにより光の反射を抑制することが可能になります。特に、入社角度が大きな広角などにも優れた反射防止効果を期待することが出来るので、フレア・ゴーストなどの発生を大幅に削減することが出来など、写真のクォリティ向上にも役立ちます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

スペック

  • 対応マウント

    キヤノンEFマウント

  • 開放F値

    1.4

  • フィルタサイズ(mm)

    72

  • 最大経(mm)

    80.4

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    35

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    35

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.28

  • フォーカス

    AF/MF

  • フルサイズ対応

  • 防滴・防塵

関連記事

PageTop