Canon

EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM

Rank1

(0件)
必須

機材のスペック

機材の特徴

・EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USMの主な特徴について

■広角領域から望遠領域をカバーするズームレンズ
EF-S15-85mm・F3.5-5.6・IS・USMはCanon製EF-Sマウントに最適化が行われたズームレンズです。ズームレンズは焦点距離を可変することが出来るのが特徴で、こちらの製品は15mmから85mmまでの焦点距離の中で自在に可変して撮影が出来るメリットを持ちます。15mmは超広角に分類が行われるもので、風景写真を撮影する時など、広範囲の風景写真に収めることが出来ます。また、85mmは望遠レンズの領域、遠くの被写体をクローズアップして撮影する時などに便利です。ズームレンズは焦点距離を変動させることが出来るので、標準レンズとして利用することも可能です。

■ISやUSMはCanonが独自に開発を行った技術
製品名にあるISやUSMは、手ブレ補正機能でもあるIMAGE STABILIZERや超音波モーター搭載などを意味しています。写真撮影を行う時、シャッターを切るまでの間はしっかりとカメラを支えていても、シャッターを切った瞬間、手振れが発生するケースが多くあります。シャッターを着る時には指でボタンを押すことになるので、押した瞬間僅かにカメラが上下左右に揺れてしまう、これが原因で手振れが発生してしまいます。折角のシャッターチャンスも手振れで写真がピンボケになってしまうなどの経験をした人も多いかと思われますが、こちらのレンズには手振れ補正でもあるIS機能が搭載してあるので、初心者でも安心して写真撮影を楽しむことが出来ます。USMは超音波モーターで、Canonが世界で初めてレンズ内に搭載した高速であると同時に静かなモーターです。フォーカス動作時には高速で移動する、しかも移動音がとても小さいのでフォーカス移動も気になりません。

■非球面レンズを採用
単焦点レンズには非球面と球面の2つの種類があります。このレンズに採用されているのは非球面タイプで、収差を限りなく小さくすることが出来るメリットや使用するレンズの枚数を少なく出来るメリットなどがあります。EF-S15-85mmのレンズ構成は12群17枚になりますが、これは非球面することで必要最小限の枚数で収差を限りなく小さく出来るメリット、コストを下げるメリットなどに繋がります。

・UDレンズは反射を防止する特殊コーティング技術
EF-S15-85mmは非球面とUDレンズを採用しているなどの特徴があります。さらに、光の反射を防いでくれる特殊コーティングでもあるSWCを採用しており、屈折率が大きくなる異なる境界面をなくし、反射光の発生を大幅に抑制しているなどの特徴もあります。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(0件)

関連記事