Canon

EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM

Rank1

(1件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜¥6,380(税込)
  • Rank1の459種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

基本情報

機材の特徴

・EF-S10-22mm F3.5-4.5 USMの主な特徴について

■風景を幅広く1枚の写真に収める撮影シーンに最適
Canon製交換レンズの一つ、EF-S10-22mmは焦点距離が10mmから22mmの超広角ズームレンズです。標準レンズの焦点距離が50mmですから、10〜20mmの焦点距離ではポートレート撮影もできない、被写体を大きく捉えたい時にはレンズ交換が必要になるなど使い勝手が良くないと考える人も多いのではないでしょうか。人物を大きく捉えるポートレートや望遠撮影を行うことはできませんが、超広角には風景を幅広く1枚の写真に収めることができる魅力を持ちます。人にぐっと近づいた状態で被写体を捉えれば、背後に広がる風景と合わせた写真撮影を楽しめます。他にも、海や山などへの旅行時にも、雄大な景色を撮影する時など威力を発揮します。

■超音波モーターUSM搭載レンズ
このレンズの製品名の中にあるUSMは超音波モーターを意味します。超音波モーターはオートフォーカス駆動時のモーター動作がスムーズに行われること、そしてモーターの音がしないので静かな場所でのフォーカシングにも最適です。博物館や図書館の中は物音もしない静かな空間、こうした場所での撮影時にもUSM機能は威力を発揮してくれます。

■レンズのコンパクト化を実現したインナーフォーカス
このレンズのサイズは全長約89.8mm、最大径83.5mm、フィルター径は77mmです。重量は約385gなどからも小型軽量化を持つレンズと言っても良いでしょう。使用しているレンズは10群13枚と多いのが特徴で、レンズ枚数が多いのにもかかわらず小型軽量化を実現している理由の中にはインナーフォーカスを採用していることが挙げられます。尚、インナーフォーカスはピント合わせ時にレンズの全長を変えることなくレンズ内部でフォーカスを変化させる仕組みを意味しており、こうした技術により小型化そして軽量化を図っているわけです。

■非球面レンズやスーパーUDレンズを採用
10mm〜20mmの焦点距離に加え、開放F値は10mm換算時F3.5、20mm換算時F4.5になります。使用しているレンズは10群13枚で、この内非球面レンズが3枚、UDレンズが1枚です。非球面レンズは優れた描写力を発揮する、UDレンズは色収差の補正を可能にするなどの特徴を持つレンズで、いずれもCanonの技術で写真の歪みを取り除いたり、色収差の補正を行ってくれたりする魅力を持ちます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズポーチ

紹介動画

レビュー(1件)

  • 高精細な広角ズームレンズ!

    高精細な広角ズームレンズなので、広い範囲での撮影でもワンカットに収めることができます。狭い室内での撮影でも広々とした雰囲気に写すことができるので、スタジオでも重宝しています。サイズも小さく重量も軽いので、腕への負担も気になりません。

    2020/03/27 M.Dさん ★★★★★

スペック

  • 対応マウント

    キヤノンEFマウント

  • 開放F値

    3.5

  • フィルタサイズ(mm)

    77

  • 最大経(mm)

    83.5

  • 焦点距離(広角端)(mm)

    10

  • 焦点距離(望遠端)(mm)

    22

  • 最短撮影距離(マクロ)(m)

    0.24

  • フォーカス

    AF

関連記事

PageTop