EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

Canon

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

LITEプランは月額5,800円で
対象機材221種借り放題

必須

・EF-S35mm・F2.8マクロ・IS STMとは?
Canon製のレンズにはいくつかのシリーズがありますが、EF-SシリーズはEOSシリーズもしくはEOS Kissのデジタル一眼レフカメラに装着が出来るなどの特徴を持ちます。EOSシリーズのデジタル一眼レフカメラはレンズ装着方式としてEFマウントを装備しており、EF-S35mm・F2.8マクロ・IS STMも利用することが出来ます。35mmはレンズがカバーする焦点距離を意味しており、この場合は焦点距離が35mmになります。一般的に、35mmの焦点距離は標準もしくは広角領域をカバーするもので、風景写真やポートレートなどに最適です。尚、このレンズはマクロ機能と呼ぶ近接撮影を可能にしているのが特徴で、植物の撮影などにも対応出来る機能を持ちます。

・ISやSTMについて
レンズを選ぶ時には品番に隠れた意味を把握しておくことがお勧めです。EF-S35mm・F2.8マクロ・IS STMに記載が行われている「IS」は手振れ補正機構/ISユニット搭載を意味します。デジタル一眼レフカメラ初心者の中でも手振れは悩みの種、シャッターチャンスを手振れのために逃してしまうなどもゼロではありませんが、このレンズには光量が不足している場所でも手持ち撮影を可能にする、これは手振れ補正機構があるためです。STMはステッピングモーターの略で、オートフォーカス時にはモーターを回転させて焦点距離を得ていますが、Canonが独自に開発を行ったステッピングモーターはフォーカス時のレンズ駆動音を極限まで小さくする、スムーズな動きや動画撮影の際にも活躍してくれます。

・IMAGE STABILIZER採用とは?
Canon製のレンズの中でもISの記号が付いているレンズはIMAGE STABILIZERを搭載しているもので、手振れを抑えての撮影を可能にするなどの特徴があります。デジタル一眼レフカメラはレンズを装着するとある程度の重量になりますので、女性やお年寄りが撮影をするとピンボケや手振れなどが起こる可能性も少なくありません。IS機能により手振れを防止する、STM機能により正確なピント合わせを可能にする、しかも高速でのピント合わせが出来るため、シャッターチャンスを逃しません。

・マクロ撮影はレンズ先端から30mmまで可能
このレンズには標準もしくは広角の領域をカバーする焦点距離がありますが、最大の特徴はレンズ先端より30mmまでの被写体に接近し、等倍でのマクロ撮影が出来る点です。ちなみに、35mm判の換算では56mm相当の焦点距離になりますので、標準レンズとしての利用も出来る、開放値F2.8のきれいなボケ味を活かした写真撮影が出来ます。

Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMのスペック

  • メーカー

    Canon

  • 商品カテゴリ

    単焦点レンズ

  • レンズタイプ

    単焦点

  • 焦点距離

    35mm 〜

  • 最大径x長さ

    69.2x55.8mm

  • 重量

    190g

  • 対応マウント

    CanonEFマウント

Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMの作例

作例写真をもっと見る

Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMの紹介動画

Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMのレビュー ★★★★☆ (1)

  • 世界観が変わるかも?

    2019/01/23 キャノンユーザーさん ★★★★☆

    植物の繊維までハッキリと分かるくらいまで近寄れて撮影することができました。
    ポートレートや食べ物の撮影でも使えて、何よりコンパクトで開放値F2.8なのでボケ味がきれいですね。

Canon EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMのブログ記事

  • EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM レビュー!接写絞り開放の画質はキレ味抜群!内蔵LEDライトで表現がどう変わる?

    この記事を読む >
  • 描写もレンズも光るマクロ EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM

    この記事を読む >
  • 新発売のEF-S35mm F2.8 マクロ IS STMレンズを試写してきた!性能・操作性をレビュー

    この記事を読む >

もっと見る