TAMRON

35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)

Rank1

(1件)
  • Lv1パス以上のご契約で
  • ¥5,800/月〜
  • 425種の機材が期限なしの入れ替え放題
必須

機材のスペック

機材の特徴

・35mm F/2.8 Di III OSD M1:2 (Model F053)の主な特徴について

■ミラーレスカメラ対応のレンズ
TAMRONの35mm F2.8 DiIII OSD M1:2/Model F053SFは、焦点距離35mm・開放F値2.8などのスペックを持つ交換レンズです。製品名に含まれている「Di III」はミラーレスカメラ用のレンズを意味しており、TAMRONでは35ミリフルサイズ対応の「Di」やAPS-C用のレンズの「Di II」など、記号でレンズタイプがわかるようになっています。尚、このレンズのモデル名はF053になります。

■AFモーターユニットはOSDを採用している
製品名の中に含まれているOSDは、TAMRONが独自に開発を行ったAFモーターユニットを意味するもので、AF駆動ユニットそのものがOSDです。OSDはOptimized Silent Driveの略語で、静音性に優れたDCモーターであり、AFユニットを最適化してオートフォーカス動作時の駆動音を低減しています。

■OSDを搭載したことでオートフォーカスの精度および速度も向上
被写体が動き続ける撮影の際にも的確にピントを捉えます。 35mmの単焦点レンズに求められる確かな描写性を備えています。 35mm F2.8 DiIII OSD M1:2には、特殊ガラス材でもあるLDレンズやGMレンズを効果的に配置しており、色収差などの諸収差を大幅に抑制、単焦点レンズに必要とされる被写体の美しさを際立てさせる確かな描写性を兼ね備えている交換レンズです。さらに、レンズ群にはTAMRON独自に開発を行ったBBARコーティングを採用しており、逆光撮影時に発生しやすいゴーストやフレアを低減する、高画素カメラに対応可能な高い解像性能を隅々まで実現するなどの特徴があります。

■丸ボケが美しい円形絞りや防汚コートを採用している交換レンズ
TAMRONの35mm F2.8 DiIII OSD M1:2に採用されているレンズには、点光源を撮影したときに写し出される丸ボケに絞り羽の形状が出るのを抑制、極力円形になるようにするため7枚羽根の円形絞りが採用されています。これにより開放から2段絞り込んでも、円形に近い丸ボケを表現することが可能です。

■防汚コートも採用が行われている
レンズ最前面に撥水性や撥油性に優れた効果を期待可能なフッ素化合物による防汚コートが施されており、水滴や手の脂などが付着してもきれいに拭き取ることができるなどメンテナンス性にも優れた効果を期待できます。

レンタル時の同梱品一覧

  • レンズ本体
  • フロントキャップ
  • リアキャップ
  • プロテクトフィルター
  • レンズフード
  • レンズポーチ

レビュー(1件)

  • こんなレンズ欲しかった!

    軽くてコンパクトなレンズ!
    ずっとつけっぱなしにしています。
    マクロでかなり寄れるのでご飯を撮るにも重宝しています!

    2020/06/17 ミョンさん ★★★★☆

関連記事